馬カフェ そのに  

馬カフェの続き。
この手前の赤いの。
ハンモックなんですよ。コレに寝転んでお昼寝など…
できるわけないですよね(笑)


白雪姫!
鼻をもがれないようご注意くださいっ!!


きっと本人にはこう見えたはず。
むちゅうぅぅぅ😚💋







スポンサーサイト



馬カフェ そのいち 

せっかく馬に関わるんだもの。

他ではできないこと, やってみたいことをやってみよう!と、ファーム・クラインガルテンでは、さまざまなイベントを打ち立てています。
今回は“馬カフェ”。
猫カフェがあるんだから馬カフェがあってもいいだろう。から始まった馬カフェ。
トライアルでの惨状から学習して、こんな感じに。
人間様用のセーフティーゾーンを確保!
ただ、結論から申し上げますと…
馬カフェとは、「馬に給仕するカフェ」となりました(笑)
「お客さまー。本日の前菜はにんじんスティックとリンゴとクッキーでございますぅ~」


「あぁ!お客さまっ!!」「近すぎますっっっ!」「順番を!順番をお守りください!!」


「馬愛」のエプロンのとおり、馬に愛される給仕たちでした😆
おまけ…
その手に持っている飲み物をよこせとたかられる。


渡してなるものか!と攻防戦🤣

明けましておめでとうございます 

年末の馬場。
わー!きゃー!と賑やかで。


野次馬たちに囲まれて、人が飲み込まれていく様。


完成したのはこちらの三品。
よーく見てっ。
全部飾りが違うんだよ。マグネットで取り替えれるの。










なっちゃん、お疲れ様でした!

ケーキ三昧 

今年のクリスマスケーキは…これ?


はい。焼きますよー♪


っていうのは冗談で、炭火で焼いて、いただきました。


本物のケーキはコチラ。
次女のお友達の、なんと!手作り。


そして差し入れでいただいた、フルーツ沢山のコチラも💕❤️


期せずしてケーキ三昧でした。
三年分のケーキを食べた気分です💕
写真を見ていたら、また食べたくなった私を誰か止めて!!

クリスマス気分 

こびっとさんのせいで、表立ってクリスマスパーティなんてできないし。
せめて気持ちだけでもということで、クラブのメンバーさんと飾り付けをした。


綺麗だねー


カウンターの上もなんとなくクリスマス🎄




ロウソクを点けたらますますそれっぽい。

クリスチャンというわけではないので、よしとしよう☺️

バー 

最近とんとブログを書かなくなった。
何でだろうな?と考えたら、「通勤」がなくなったからだ。
今日は「通勤」なので時間あり。
さて、最近の牧場はといえば、馬房前に馬着を掛けるバーを取り付けて、


バー繋がりで、カウンターを作ったこと。


常温保存可能なお酒は🥃こちらのカウンターにボトルキープされることになります。
キープ期間は未定。期間が空いたら消えていることもままあると思われます😜

やっと完成! 

蹄鉄を使った携帯スタンドの作成です。
先ずは粗く錆を落とします。
1つはサビの雰囲気をそのまま活かした状態をご希望なので、凸凹になっている所のみ削って、もう一つは通常通り、ペイントするのでこの作業は必須。


途中経過も忘れずにカメラに収めます。


うーん。働き者の手だ💕


そして、肝心なのは溶接。
看板屋さんの工房に押しかけて溶接してもらいました。
またここが実に洒落た工房なんですよ。


こんなバイクも自分で作っちゃうんですわ。

ネジ一本までビンテージ加工するほどのこだわりよう。脱帽します。


とても整理整頓されて、動画への愛着を感じますね。


作業ももちろん丁寧です。


こんな感じでベースが出来あがりました。あとは塗装と、錆を活かす方は、錆を定着させる作業をして、から仕上げです。


なかなかワイルドな感じ。
塗装した方はただいま乾かし中。
気に入ってもらえると嬉しいな😊

新品のBBQコンロ 

新しいBBQコンロ。
購入したのは7月だったかな?
箱に入ったままだったんだけど、この前フラッと遊びにきたヤギちゃんに組み立ててもらいました!!
そして今日、初めての火入れ式。
なんと、初焼きは伊勢海老🦞

なんという贅沢でしょう!!
遊びに来たのに、高級食材を提供してくれた川嶋さん、ご馳走様でした😊💕
身がしまっていて、あっという間に食べてしまったわ。
この後にお肉とキノコ、トウモロコシや里芋など、たくさん頂きました💕
これからまたBBQを楽しめますね。
ヤギちゃん、ありがとう!!今度は君も一緒に食べようね♪

秘密のmuseum   

とある闇のにゃんこネットワークから「ゼッタイニ イクヨウニ」と指令が下った場所へ、仕事中の住川女史を拝借して、連休最後の休みらしい休みに出かけた。
ファゼンダから車で30分ほど走ると、その目的地である。


出迎えてくれたのは緊張感の無い隊員1号。
入り口はまるで不思議な世界へ誘うかのような。ジブリの映画の中に入り込むような不思議な世界感。


写真をあまり載せたら面白みや感動が減ってしまうかもしれないので、ほんの一部だけご紹介。

道案内でもしてくれるのかと思っていた隊員1号は、「わしゃ知らん」とばかりに走り去ってしまったので、ニンゲンだけで先に進むとしよう。
小径を進んでいくと、まずは外国の方をお連れしたい気分に駆られる庭園。


上を向けば鬱蒼とした森から木漏れ日がさしている。


足元は砂利道で、瓦を縦に埋め込んだ敷石や、古代のお金のような丸い敷石があり、既に異世界への雰囲気を醸し出している。


歩みを進めていくと、怪しげな石像がチラホラとこちらを見守る。


道なりに進んでいくと、石像と共に不思議なオブジェが現れ始める。


コレがまたひとつひとつ表情があり、造り手のお人柄が滲み出る、実にコミカルで何かを訴えかけてくる作品ばかり。
誘われるままに建物に入ると、さまざまなアーティストの「ネコ」の作品が並ぶ。
中をお見せするほど無粋なことは致しませぬ。
建物を出ると、本館らしきところが見えたので、芝生の上を恐る恐る横切って建物の中へ。
そこは庭園とは全く趣の異なる世界。
リビングに通され、私たちを待ち受けていたのは隊員3号と4号。
大きな一枚岩のテーブルについて、3号のオモテナシをさせられる。
私たちの他に3組ほどのお客さんが入れ替わり立ち替わり。
ビジネスマンと思しき男性2人はゴルフの帰りだろう。商談に立ち寄った感じだった。
が、気がつけば私の背後に立ち、「すみません。宜しかったらソレ…」と、私の足元に転がる、3号の接待道具を求められた。
もちろん断る所以はないので、キラキラした魔法の杖の接待道具を渡すと、彼は少し離れたテーブルに戻り、その姿に似つかわしくない動きで3号を誘き寄せ、静かに接待をしていた。
リビングの中は不思議な空気が流れ、まるで欧州のおとぎの国の一室に迷い込んだ感じ。


大きな石のテーブルで抹茶オレをいただきつつ、猫と遊ぶ男性2人を横目に、オブジェを作成されたアーチストの写真集を眺め、給仕さんからも情報収集。


聞けば接待隊員は9号までいるらしく、皆それぞれ気ままに人間の相手をしてくれている模様。
全員に会えるかどうかは運次第というところか。ふむ。
先に建物内の調査に回った住川氏が少し興奮した様子で「ぜひ見てほしい作品がある」とのことなので、建物の中を散策する事にした。
ここにも、さまざまなネコ作品が並び、剥製か!と見紛うものをはじめ、個性あふれるネコ達が狂喜乱舞していた。
実に見応えがあったのだが、この感動は文字で伝えるものではないということで、後はご自身の目で確認いただきたい。
その代わりというわけではないが、建物自体が素晴らしかったので、一部だけ公開しよう。


この鉄の扉の向こうに行きたい衝動や


この階段を登りたい衝動を我慢するのに苦労した。
何をとってもいちいちカワイイのだ。
悶絶…。
ダメだ。タイムアップ!
また必ず来るから。時間足りないし!
後ろ髪を引かれつつ車に戻ると隊員一号が…


屋根の上で「誰の許しを乞うて帰るつもりだ?」と言わんばかりに横になる。
いや、また来るから。
次は自前で接待道具を持ってくるから。
流行ってほしいけど、秘密の場所で置いておきたいこの気持ち、わかるかなぁ???
ブログの中にキーワードは入っているので、行きたい人は調べてみて。

すごい…  

買う前から、「大丈夫、物見(ものみ=何にでもすぐに驚く)しないよ。」と聞いていたけれど、ここまでとは思わなかった。
ボールを目の前で投げても
何それ。っていうレベル。
リードロープで縄跳びしても
※危険ですのでマネをしないで下さい。


全く動じず。
長い棒はちょっと苦手かも?
一瞬怯んだけど、


危なく無いモノだとわかるとこのとおり。


2、3分で学習しちゃう。
ピリピリした競技馬にはしないで、このまま、ルークの持ち味として育てていこう。

贅沢時間 

日頃、なんだかんだと忙しいのでなかなかメンテナンスできない馬具のメンテナンスをしました。
模様がかすれてしまったのも色を足して、


サビきったコンチョも磨いて(ビフォーアフターと書いてあるが、左右で片方だけ磨いた状態)



この鞍には思い出がたくさん詰まっているので、大切にしないと。
作ってくれたカンジさんの名前も薄くなっていたので色を入れました。

見分け方 

向かって左がライナス、右がルーク
正面から見たら、ライナスの方がサク(顔の白い模様)が広いですね。
あと、右の前足の足首に少し白い色が入っています。

横から見たら…ほとんどわからん。


あとはカンです。(笑)

はじめまして。  

すっかりと梅雨も明け、夏の日差しにやられまくっております。
さて、ここ数週間、何もしていなかったわけではなく、実は牧場に新たなメンバーを迎え入れることになりバタバタしておりました。


6歳の「ルーク」君です。
おっとりした性格で、頭は良さそう。
問題は…


瓜二つなのよ。
ライナスと。
体格もさほど変わらず。遠目に見たら判断つきません。
どちらかに模様入れるか???

梅雨 

梅雨ですねー。
雨漏りしているので、悪名高き?!珪藻土マットを敷いてみました。


3時間後


周りに水が飛び散りまくるので結局オーソドックスなこのスタイルに落ち着きました。


そして馬場には怪しげなキノコが…


梅雨ですなぁ~。

フォトウェディング 

昨日はライナスくんをペカペカに磨きました。
なぜならば、千葉県佐倉市のラベンダーランドにて、フォトウェディングのサプライズプレゼントとして登場することになっているからです。
尻尾も編み込んで、


縁起の良いピンクのバラを7個飾り付けて、


いざ!到着!!


もちろん手綱も新たな旅立ちを祝して、桜のお花を飾り付け🌸


新郎新婦さんへのサプライズプレゼントです。
とても素敵な笑顔のお二人とポーズをとって、カメラマンさんも大興奮の撮影会になりました。
しかし、ライナス君、それだけでは終わらなかった。


(写真掲載はお二人の了解済みです)
新婦のブーケがあまりにも美味しそうで…






はい。
かろうじて無事でした。
以後気をつけます。

超久しぶりの外乗 

もってますねー。私!
梅雨の中休み。いいお天気ですよ。
そしてこの屋根、上は芝生です。エコですなー。


そう。今日は有休外乗に行ってきました。
会員制のクラブなので、通常は立ち入ることができないのですが、今回はメンバーさんのゲストとしてお邪魔しました。

1時間の外乗コース。アップダウンも含め、足元はウッドチップが敷かれて、実に快適。
お相手いただいたアメリカンクォーターホースも安定の安心感。(さすが!)
途中、写真撮影のため少しだけ道なき道へ。
森の中の外乗含め、クラブハウスや馬たちの区域も、クラブオーナーのこだわりが伝わってきます。
居心地がすこぶる良くて、乗馬が楽しい!
環境は申し分なく素晴らしかったです。
それより何より、ここの馬たちは皆フレンドリー。
馬に関わる人たちの努力や気遣いが反映されていないとこうはなりませんね。
私が預託するならここだなと思えるクラブでした。


自分の馬以外に乗って外乗するのなんて、10数年ぶり!
ちなみにヘルメットをかぶったのは…思い起こせば、高校時代が最後でした。あたま痛くなるはずだわ。

オニヤンマ君現る 

Twitterで、オニヤンマの模型が虫除けになると聞き、早速購入しようとしたら既に「売り切れ」&転売ヤーが「破格の高値」で販売状態。
無いなら作れ。
ということで、長女とその友達が夜なべして作成してくれた。

オニヤンマ君1号と2号。
1号はタンカンにぶら下げて飛んでいる風に。


2号は馬房の上で獲物を狙っている風に。


さて、効果のほどはいかに?!

ハカイダー 

買ったばかりのバケツ🪣なのに…
悪いのはこのオシリ!


正体はコイツ。


まぁ、穴が空いたわけでもないし、うまい具合に三角コーナーみたいになってるから、そのまま使うけどさ。

変顔選手権 

全国 馬 変顔選手権
なーんていうのがあったら、絶対に優勝できるんだけどなー。


「ねー!」

こんな顔もできるよ!




ほらほら




どやっ?!


意外と楽しいのなっ!!
また遊んでね!

ニンニク 

猫の頭サイズのニンニク🧄を頂きました。
わかるかな?このサイズ感…。
一欠片が👌サインの丸の中に入りきらない。


コイツらは興味津々だけど、部屋の中が一気にニンニク臭だよ。

さやえんどう 

いやいや。

どうなの?コレ…。
美味しかったけどさ。

眩しい!? 

馬場がやけにきらびやかだ。何でだろう?
そうか!
うちの女子達、金色と銀色に見えない?

金さん銀さん、めでたいなぁ。
もしくは…
成金?!
うーん、この女子達でナイトバーでも開いてみようか?
「スナック桃子」「クラブ・マリリン」
どちらも有り金全部巻き上げられそう(笑)

カースケ 

1週間ほど前に我が家に降ってきた新しい家族。

飛ぶこともままならなかったのだが、平行飛行ができるようになり、飛行距離も風を掴んだら伸びるようになり、先日ついにママの元に帰りました。
耳をすませば、たまにママにエサをねだる声が聞こえてきます。
元気そうだね。よかった。

有りの実苑の引き馬イベント 

本日は晴天なり!


ゴールデンウィークの中日ということもあり、引き馬にお出かけしました。
馬達に匂いを嗅がれて大喜びの坊やとか




一度馬に乗ってみたかったんですよ!とおっしゃるお父さんに付き合って乗ってくれたお嬢さんとか(笑)


動物のお絵かきが大好きで、ダニーの絵を描いてくれていたお嬢さんとか。(馬にもみくちゃにされている)


仲良く2人で乗馬のご兄妹とか。


本当に素敵な笑顔にたくさん出会うことができました。
拾いネタではありませんが、ランチに頂いたカレー屋さんのメニューです。
愛の足りない人はチキンカレー、希望がない人はイエローカレー、夢を見足りない人はベジタブルカレーをどうぞ。






洗えないところ 

普通に洗車しても、どうしても洗えない場所があった。
ハイエースの屋根。

洗車機に入れてみたらこの通り。
手前の模様が洗車機の跡。
次女が屋根に登って洗ってくれたさー。
ちょうど半分で撮影。
次はトレーラーかな?

ビーハウス その3 

雨が上がったので確認しに行っきました。

巣はあったんだけど。女王蜂不在。
捨てたかなー。
ざんねん。

ビーハウス その2 

さて、お引越しです。
ここに巣食ってしまったら、迷惑な隣人になってしまうので。


巣を剥がしたら、もう卵が産みつけてありました。


女王蜂は卵とマイホームを守るために離れません。
そのままコップを被せて、少し遠くの木に移っていただきました。


木工用ボンドで、巣を割り箸に着けているので、割り箸を木に差してお引越しは完了。


このまま居付くかな?

ビーハウス その1  

わわわ。
郵便受けに蜂が🐝巣を作り始めています。
風通しもいいし、雨風しのげると思ったのでしょうね。
早速我がクラブの虫愛づる姫達(複数形でございます)による救出?!作戦。


果たして双方無事で済むのか?

正解は 

正解はクバの葉を丸めて作ったブラシです。
嫌がるかな?と思ったけど、思いのほか気持ち良いみたい。


自分でお腹を出すくらい。
そして足も勝手に動き出す。


あー。ソコソコ!
友人の沖縄土産でした!

わかる人、いるかな? 

さて、コレはなんでしょう???


ダンボールじゃないよ。葉っぱを丸めたもの。