高島屋 日本橋店 (箸休め) 

今日は箸休め。 

牧場と全く関係のないネタでございます。

とある用事があり、高島屋 日本橋店にお邪魔しました。

古い建物ときいていましたが,なるほど、エントランスからレトロな感じです。

重厚感のある内装を横目に 目的地に急いだため エスカレーターではなくエレベーターで移動です。

昭和初期の面影を色濃く残したエレベーター

当時は職業婦人などがオシャレをしてショッピングを楽しんだのだろうと想像します。

エレベーターにのると,なんとっ 何十年ぶりかに見るエレベーターガール!

立ち居振る舞いの実に優雅だこと。

きっと伝統を重んじているのでしょうね。

(もちろんご本人の了解を得て撮影しております)

エレベーターに入ったら「本日は~」とご挨拶下さるのが少しくすぐったかったです。他のお客さんも乗っていてよかった(笑)

高島屋 日本橋店に行くことがあったら、ぜひエレベーターに乗るべし!!! 

しばし昭和レトロに思いを馳せることができますよ❤

今どきは新しくてピカピカの百貨店ばかりですが、様々な変化の機会があったろうに、このように古いものを大切に残し上手に使い続けているところに老舗の貫録を感じ、 凄く好感が持てました。

スポンサーサイト

2016 ウエスタンGo! 

すっかり毎年恒例となった原夫妻主催の年末総ざらい 馬乗りパーティー

生バンドを聞きながら馬談義に花が咲きます。

今年はユースワールドカップの報告会もさせていただき

本当は、出場した本人がすべきご挨拶ですが、翌日の期末テストを控え、  仕方なく姉が手紙を読むことに 。

その後に続く こちらも恒例になったオークション!

唯一落札したハエたたき

何もいうまい…何も…。

続いて生バンドでウェスタンダンスを踊り

舞子さんの歌でサルサダンスで大盛り上がり

もう何がなんだか…(笑)

馬と踊りと酒と音楽と猥談で賑やかに夜はふけるのでした。

今年はいろいろあったなぁ…

来年はどんな年になるんだろう?今からすごく楽しみです🎵

Dance 闇練?! 

12月7日の 2016 ウエスタンGo!  親睦会で、カントリーダンスが踊れる♪

とのことで、雨風しのげて  踊れるスペースがあるRomi reining horses に押しかけて練習❤

この勢いでダンスチームでも組もうかね?

毎度毎度の事故渋滞 

帰りは事故渋滞で 35Km 2時間だと…。

いやはや。

 毎回必ずといっていいほどこの道は事故渋滞に当たりますねー。

どうなっているんでしょう?

MotoGP2016 Motul Grand Prix of Japan  

今日は年1度のバイクのお祭り、MotoGPを見に、茂木サーキットにやってきた

初めはMOTO3クラス

このクラスには10何年ぶりかに日本人の女性ライダーが出場するという。

三つ編みをなびかせて走るその姿はブッチギリのドベ

マシンも違うだろうから厳しいレースにはなるとは思ってたけど、あまりに可哀想すぎる。

ワイルドカードで出場させてあげるなら、ここがホームのホンダがもっと早いワークス並のマシンを用意してあげるとか出来なかったもんかね?

次はウチにとってのメインのmoto2クラス

応援するのは昨年同様Marc VDSのアレックス マルケス選手

予選8位スタートで、この時点でもまだ8位をキープ

何周目かで突然いなくなるアレックス

どえやら転倒したみたいだ

アレックスは残念な結果に終わってしまったけど!彼のチームメイトは3位入賞

どさくさに紛れてポディウム前で祝福してきた

チョット忙しくなくなった頃を見計らって、今回のために長女が描いた絵をプレゼント

顔の半分を本人にして、反対側はチームのロゴにも使われているライオンを合わせたもの。

あれっ?

Marc VDSのロゴってライオンだったっけ?

もしかしてジャガー?

そんな心配をよそに気に入ってもらえるといいな

MotoGPクラスはアレックスのお隣のピットで、昨年までのチームメイトだったティト・ラバト選手のピットにおじゃました

スタートしてしばらくすると転倒してしまったラバト選手のチームメイトのジャック・ミラー選手

今回、Marc VDSチームは転倒が多い

で、レースの方は、ランキング二位と三位が続けて転倒したおかけで、アレックスのお兄ちゃんのマルクがレースに勝ち、

そのまま年間チャンピオンも決めてしまったという予想外の展開

こんな時に遭遇出来るなんて、と思いつつも、またもどさくさに紛れつつポディウム前に

大はしゃぎのマルク

しらふのスタッフ達も宴会状態で歌って騒いでのお祭り騒ぎ

トータルで五回目の年間チャンピオン獲得なのかな?

Give me 5と書かれたチャンピオンTシャツ

前にこのモテギで年間チャンピオンを決めた時はサムライが出てきたりして凝った演出をしていたけど、今回は全く何も無かったので、チームにとっても予想外の展開だったのかも

 

最後に、アレックスからサイン入りのバンクセンサーをプレゼントして頂きました。

いつもゲストパスを用意してくれるKさんに大感謝

 

Moto GP番外編  珍事件

 

こんな事ってあるんですね

朝サーキット内で道に迷いながらようやく目的地への入口が分かった所、前に止まっていた車のドライバーたちがつかみ合いのケンカのような事になっている場面に遭遇

外国人の若い方の人はどっかで見たことある顔なんだけど誰だか思い出せない

でも、やられてた方は日本人グループで、傷害です、来てくださいと警察に電話している様子

事件か?

ちょうど目撃したぞ

その後どうなったのかと言えば、ヤフーニュースに書かれていた

見覚えのなかったおっちゃんの方は、かの有名な伝説的なチャンピオンライダーのワイン・ガードナーだったのか

見覚えのあった若い方はその息子のレミー・ガードナー

なるほど、テレビで何度か見た顔だったはずだ

記事によると振りほどこうとしただけって書いてあるけど、私が見た時は、ガンガンに自分から押し込んで行ってたけどなぁ

どっちかと言うと、やられた方というよりもやってた方

信じるか信じないかはあなた次第です

Kazuo兄ちゃんと Rieちゃんの結婚式 

本日はお休みをいただき香取神宮へ

お詣りに来たわけではなく、牧場の お向かいの Kazuo兄ちゃんの結婚式にお招きいただいたのです。

人生初の神前式。

色々しきたりがあって、「これは何のために?」と巫女さんに訊きたいことしきり。でも、ちゃんと我慢しましたよ。

笙や笛の音色や巫女さんの 舞。古に思いを馳せつつ…厳かにお式が 執り行われました。

こちら、神社の廊下に貼ってありました。


日本って本当に歴史のある国なのですね。

神社を背にしての撮影

美しいですね。

趣のある写真が撮れました。 

こちら、披露宴会場からは馬車が見えます。 

凄くリッチな感じの馬車で、飾りにしておくのはもったいない感じ。 

と思い、ホテルの人に訊いてみたら、たまに動いているらしいです。

それにしても、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますねー。

Kazuo兄ちゃん、Rieちゃん、末永くお幸せに❤

猫とともだち カレンダーBOOK 2017 

先日、牧場で五十嵐健太さんが撮影したネコ助らの写真を使ったカレンダーブックが出来上がったという事で、一冊送られてきました。

全部はお見せできませんが、中はこんな感じで

ネコ助だけてはなく、ジャクソンも

全部で3ヶ月分も使ってもらってます。

後半は、カレンダーに使われた動物達のことが紹介されたページやポストカードなんかもあったりします。

9月15日から、KADOKAWAより800円で発売されていますので、よかったらみなさんも使ってみてください。

最後の 

今日届いた乗馬ライフ10月号を最後に、突然の休刊。

長らく定期購読してきたが一体何があったのだろう。

雑誌と一緒に手紙が同封されていて、どうやら来月からは馬ライフとして新たにスタートするようだ。

こういった専門誌はほとんど無いので頑張って継続して欲しいものだ

オサレなトリミング店 

バリアートのできる美容院 Flair さんがトリミングショップを開くことになりました★

Buddy shopさん8月31日オープンです。 

人間の美容師さんが犬の美容室を?!

っていうかピットブルのシールの方が店名よりも目立ってないかい?

どんなオサレな犬ができあがるのでしょうか?

かなり個性的なスタイルも引き受けてくれそうな気がする( ´艸`)

ちなみに…コレも彼の作品です。

田舎と 侮ることなかれ。

凄い技術を持った人材というのは、思わぬところに存在しているのです。

その内ジャクリニアジャクソンくんもお世話になるかもしれませんね❤

魚釣り 

長女が釣りに行きたいという

もし釣れたら全て自分でさばくことを条件に、近くの釣り堀に行ってきた。

来てからわかったことだが、ここはルアーとフライ専門のとこらしく、餌でマッタリのウキ釣りとは勝手が違う。

ルアーは思い通りに飛んでいかないし、全然釣れる気配もないし、周りも誰も釣れてないし、

いつしか魚釣りがエビ取りに変わっていた

ネコ助のお土産にとせっせとアミですくったものの、ネコはエビダメなんだそうだ。

昼過ぎは時間帯的にも釣りにはむかなかったのだろう、夕方に近づくにつれて、周りでもチラホラ釣れる姿を見かけるようになってきてた。

最終的に、多分ニジマス?を3匹だけゲット。

炭火で焼きたかったけど、家では無理なのでフライパンで塩焼きに

お頭はネコ助とジャクソンにもおすそ分け

 

初めての料理にしてはまずまずだった。

ごちそうさまでした。

宮古島まもる君 

牧場とは全く関係のないネタなんだけど…

皆さん 宮古島まもる君ってご存じですか?


宮古島をまもる警察型人形。 

そのまんまやないかい!

しっかーし!

私は知らなかった。

この衝撃的事実を!!!


彼にはこんなに沢山のブラザーがいたのだ!

個人的には たかや君 が好みかな♪

あまりにも衝撃的すぎて思わずブログに書いてしまいました。

見学 COLZA 

CKファミリーには珍しく、他の乗馬クラブを見学です。

こちら、千葉県八街市にある最近リニューアルしたCOLZAという乗馬クラブ。

馬場はレッスン中でしたので、写真は控えましたが・・・馬場も設備凄く贅沢に作られているなという印象です。

トイレも、男性用・女性用・障害者用とあり、障害者用は一棟建ててしまっています。

そしてこちらはCK-chanが痛く感動したチップ(オガ)置き場


見てください。こんなに大きな建物なのですよ!!!

と・・・人様のクラブの紹介をしている場合ではない。
本日のメインイベントは、S姉さんがスペインから馬を入れたということで、ゾロゾロと会いに行ったのです。

こちら、お昼ご飯の合間に周りの様子を見るファラオンくん。
動く姿はそれはそれは美しい男子なのです。
パワフルで、さすがスペイン産という感じでした。

これから乗り手と馬がどのように関わって高めあっていくのか、とても興味深いです。
実に楽しみ!

またその内お邪魔したいですね^^

表彰式 

佐倉市役所のスポーツ功労者への表彰式に行ってきました。

ジュニアオリンピックの選手とか、トランポリン、カヌー、社交ダンスなど、幅広い選手が集いました。
市長さんから直々に、「オリンピックの競技じゃないんだったら、障害に変更したら良いのに」というお言葉を頂きましたが・・・・
現実ってそんなに簡単じゃないのよ~~(笑)

ということで、実は乗馬経験者だという市長さんに「一度ウエスタン乗馬もご経験されてみては?」と牧場へご招待しておきました。
まぁ、忙しいかたなのでお見えになることはないと思いますがね。。。

あ、あと、国際大会などに出場する選手へのサポートをもっと手厚くして欲しいとも・・・。
関西のおばちゃん、有給休暇使って出席してんから、無料では帰ってきませんでぇ~~!

AQHAオフィシャルハンドブック 

AQHAから2016年用のルールやレギュレーションの書かれたオフィシャルハンドブックが送られてきた。
487_20151203211715f56.jpg

当然なのだが、全部英語。

まったくもって読む気がしない。
485_20151203211712cc3.jpg

ないがすごいかって、封筒にすら入れられずに本の裏側に住所を印刷してそのまま送られてきたことだ。

さすがアメリカ

やることが違うわ

って、そのまま送れるとは知らなかった
486_201512032123527f0.jpg

アイシングクッキー 

先日 I  さんから次女が頂いたアイシングクッキーです。
珍しいのでちょっとご紹介です。

様々な組み合わせを自分で組み立てれるらしいです。
merrifactury これからクリスマスなので、かわいいデザインのクッキーが出てきそうですね♪

問題は・・・・もったいなくて食べれない・・・^^;

大人の休暇 

昨日のこと。

半日休暇をとって、東京農業大学の収穫祭にお邪魔しました。
学生さんたち、フレッシュだわぁ~~

そして見つけたココ♪



引き馬をしているので、お願いしてみることにしました。


こういうときのために、常に履いているウエスタンブーツ。

ついに役に立つ日が来たか!^^

そしてヘルメット・・・・くさっ! ココは気を遣って欲しいところでした。

引き馬ひとつ、色々と勉強になりました。
引き馬はやっぱりウエスタンのほうがいいな。

そしてその後はなんとなんと!今、超話題の春画展に!

気の置けない友人たちと、この春画展の関係者Hさんのレクチャー付きで見て回れるという超贅沢な時間。

入り口には18禁の表示まで。

作品一つ一つが時代の流れやそのときの文化を反映し、様々な視点からのレクチャーもあり、思っていたよりもずっと深いものでした。


プランナーたちのささやかなる主張

18禁の文字で胸を隠すか否か? 答えは 「否」。

いや、隠したらそれはそれで笑えたのですが・・・

そうそう、この画一つ見ても、当時の日本人はあまり女性の胸に重きを置いていないことが解りますね。

土日は凄いお客さんが多いらしいので、もしこれから行こうと思われている方がおられましたら、平日の日中をお勧めします。

Hさん、お忙しい中お付き合いいただきありがとうございました!!


砂浜外乗 

先日、九十九里浜で夜に外乗をすることがあるとTVで紹介されていたのを見た長女が自分もライナスを連れて行きたいと言い出した。
P1210183.jpg
九十九里浜ならうちから30分くらいでいけるので、うちの馬も砂浜に連れていけないものかと思い、少し調べてみることにした。

近隣の市町に聞くと海岸は県の管理地らしく、県の土木事務所が管轄しているというので、そこに馬を連れていっても良いかどうか聞いてみたところ、「今は県の条例で車両の乗り入れが禁止されている」といい、「馬は軽車両にあたるので、馬の乗り入れもだめ」だという。
P1210179.jpg

何?

TVでは馬が海岸を普通に走っていたが、あれはどうしてOKなんだ?


よく話を聞くと、条例は2010年ごろにできたらしく、条例施行前から営業していた乗馬クラブ等に関しては乗り入れが認められているようだ。

清掃などの公共的なこと以外では車両の乗り入れ許可が出ることはないらしいので、事実上、一般人は馬の乗り入れは不可能であるとのこと。

今日は風が強く海が荒れていたが、遠浅の砂浜で馬で外乗するならいい場所そうなのに残念だ。
P1210182.jpg

そういえば、「馬の乗り入れ禁止」と言っていた。


乗り入れ

乗って+入る

乗ってなければ?


自転車やバイクも馬と同様「車両」なのだが、手で押しているときは歩行者扱いだったはず。

ということは、馬も乗らずに引馬しているときは、自転車やバイク同様、車両にはならないはず。

ということで、馬に乗らなければ砂浜に連れて行くことだけなら、もしかしたら可能なのかもしれない。
P1210181.jpg 
でも・・・それじゃ意味無いよね(笑)

今日行った海水浴場の入り口には「ハマグリを取らない」でといった看板が設置されていたとおり、ハマグリと思われる貝殻が多数散乱していた。
P1210184.jpg

ウニもいるのか?と思ってよく見たらただのいがぐり。
P1210191.jpg

あるだろうなと思った通りのガラスの破片。
P1210185.jpg

こんな砂漠のようなきれいな砂だけではないので、連れていくなら馬用の靴があったほうが安心できていいのかもしれないと思った。
P1210187.jpg
こんなに砂があるならうちの馬場にも分けてほしいくらいだったが、細かすぎて風に飛ばされまくっているので、持ってこれたところですぐに飛ばされてなくなるのだろう。

自馬で砂浜外乗、夢に終わりましたとさ。

田舎って・・・ 

最近オサレに興味を持ち始めた長女。
身長が高いので、一般のお店ではサイズが無く、H&Mなどの海外からの製品を扱っているお店が近所にあったらと切望していたところ、
CK-iが「似たようなロゴを牧場の近くで見つけた!!」という。
したらば、早速偵察に行こう!ということで、月曜日に行って来ました。

こんな田舎に H&M !!!! ではなく、K&M?!

・・・ええんか???  ホンマにええんか???。 という素朴な疑問がわきあがるのだが、そこは笑ってすまそう。

内容はシマムラの商品数をグッと減らして対象年齢をグッと上げた感じのものでした。


・・・がっかり。 
予想していたけど、予想通り過ぎて切なくなった。

肩に石を担いでいたとは・・・ 

いやはや。
歳はとりたくないもので。
1年ほど前から肩が痛くて手が上に上がらなくて…。

実は馬に鞍を乗せるのも一苦労していたのです。
でも、「どうせ40肩だろう。接骨院に行ったら楽になるし,そのうち治るわ。」
とタカをくくっていたのが悪かった。

先週金曜に、急に痛みに見舞われ、あまりの激痛に耐えかねて会社を早退し、近所の整形外科へ。

レントゲンを撮って開口一番
「石灰できてますねー」

なぬっ!!40肩ではなかったか!
なんと肩に石を担いでいたとは!そりゃ、自然治癒しないはずだわ。

ということで、Dr. いわく。 選択肢は以下の3っつ

 1. オペ
   →怖いから却下

 2. 超音波(?)で砕く(毎月1-2回1年弱、千葉の病院に通う)
   →サラリーマンにそんな暇は無いので却下

 3. 麻酔を打って患部に針を差し石灰にザクザク傷を付けて、後はマクロファージちゃんに任せ自然に消えるのを待つ(1回の施術でOK) 
   →ザクザク・・・1回だし・・・痛そうだけどこれしかないか。

ということで、本日がその施術の日。

待合室で待つこと1時間30分。
どうやら急患のため予約が押しているようだ。

隣の関西弁の老夫婦が看護師さんを捕まえ、自分たちの順番はまだなのかとクレームを申し立てている。
関西弁で恥ずかしいことを言わないでほしい。「皆待っているんですよ。状況を読みなさいよ。」と、口に出かけたがグッと我慢。
看護師さんの対応を見せてもらうことにした。
忙しいだろうに、謝罪しながら(本当は謝罪の必要はないと思うんだけどね~)老夫婦の不満に寄り添い、正しく状況説明をしたため、ガラの悪い老夫婦は気持ちよく納得した。

う~ん。看護師さん、凄いテクニックだ。やはり教育なのか? 良いものを見せていただきました。
(この、不満に寄り添うというところ、重要ポイントね)

そうこうしている間にやっと自分の番になり、CTをとって、いざ!施術開始!

こんなものが肩に付いているのです。
そういえば、ライナスも似たような症状だったと思う。
確か、彼の場合は注射で散らせるということで、注射したけど。
本当は私ももっと早くに病院に行っていたら、薬で散らすことも出来たらしい。

それにしても、CTって凄いですね。
360度回転させることが出来ます。凄くリアルですよね!!

改めて、医療機器の進歩ってすごい!



鎧みたいになってるし・・・

そりゃ痛いはずだよね。今までよく我慢していたよ。

施術自体はこのCTの画像を参考にして、エコーを当てながら針を入れていく。
最初は、麻酔を打った細い針で患部をゴリゴリ・・・
  「い・・・いたいっすよぉぉ~~~~いたぁ~い!」とうるさい患者。
Dr.は申し訳なさそうに 「もうちょっと太い針でやりましょうか・・・」(きっとこのDr.は嫌だといってもやるだろう)
  「マジですか?!」
振り向いた瞬間、針を見てしまった。
  「馬に刺す針と同じ太さじゃないですか!!」
頭は真っ白に。。。馬たちの気持ちが今わかった。

文句を言ってはいけません。1年間も放りっぱなしにしていた私が悪い。

腹を決めて  「お願いします。」

・・・ガリガリ・・・ゴリゴリ・・・    痛くて重くてどう表現したらいいのだろう? 麻酔、効いててコレ?!

と、悶絶している間に施術は終わった。


6時間ほどたった今、くしゃみしただけでギャッ!となる。
とにかくロキソニンを飲んで抑えてしまおう。

Dr.いわく、「施術の後よりも、ガリガリしたところが砕けたときに激痛が来ますよ。そのときは、あ、治っているなと喜んでください。」

喜べるかっ!ちゅうの(笑)

あまりにも痛いようだったら、注射してもらってくださいね~。とのこと。
さてはて、いつその激痛が来るのか、今からビクビクしながらその時を待つことにしましょうかね。


ほっこり ラーメン  

ココに越してきたときから気になっていた屋台のラーメン屋さん。
毎日いるわけではないと思っていたが、どうやら、21時以降に出店しているようだ。

今まで屋台でラーメンなど食べたことが無かった私には若干敷居が高いが、先日思い切って食べてみた。

それ以来夜9時を過ぎて食事をしていないときには必ずココによるようになった。


人生につかれたっぽいおっちゃん(失礼!)が作るラーメンはあっさり味で生姜がほんのりと香る。

おっちゃん、たまに味玉をサービスでこっそり入れてくれる。

今回は奮発してチャーシューめん。結構ぺろりと食べれてしまう。
空腹の腹と心にほっこりと染み渡る。

最近、やんごとなき理由で週1回は帰りが遅くなり、ここで食している私。
こう毎週ラーメンを食べてたら体重に影響するかな?
と心配したものの、いまのところ増える様子も無くいい感じ。

珍しくラーメンネタが続いたな・・・

背油チャッチャ系ラーメン 

今日の話ではないのですが。。。

先日、上司に会社の近くの背油チャッチャ系のラーメンに連れて行ってもらいました。

たまぁ~~~に食べたくなるんですよね。この手のコッテリ。

ちょっと感動したことは、麺に味がついていたこと。
思わず無口に鼻水たらしながらすすってしまいましたわ。

一杯で満足できないくらいおいしかったぁ~~~!

同僚の迷惑にならないように金曜の夜に行かないとね♪





市原ゾウの国 

若干(?!)Upする日程が前後するが・・・(Back dateで記載しています)

シルバーWeekの最終日、弟家族が宿泊しに来ていたので、折角だからということで千葉らしいところに・・・

ねずみーランドには既に連泊で言ったことがあるらしいので却下。

そして思いついたのがこちら、「市原ゾウの国」。

たどり着いたときには既にShowが始まっていました。




象に乗りたがっていた姪っ子ですが、残念ながら、チケットは売り切れ。キャンセルも20人待ち!!
ということで、早々にあきらめ、かわりに餌をあげることになりました。



これが意外に意外。

象さんにかぶりつきで触りまくれます♪ ここまで象と触れ合えるところは初めてです。

逆に象に興味を持たれたのはコレ。


かぶりつかれた感満載。

ブーツだけでなく、足首に鼻を巻きつかせてジーンズの裾をかぎまくる始末。

象の鼻水でブーツがベタベタ。

どうやら馬のにおいが染み付いているようで、それに興味を持ったみたい。
象の革のブーツを履いていかなくてよかった・・・。きっと踏み潰される。

さて、こちらは最近、動物のマッサージにハマっている次女によるカピバラさんのマッサージ。


既に違う世界に行かれてしまっているようで、口がすっかり脱力~~


鳥好きの長女は「シャー!シャー!」と威嚇してくるガチョウを触ろうと果敢に挑む。
が、一瞬のうちに攻撃をされる。


弟ファミリーは大阪から車で金曜の夜に出発し、一晩運転土曜の朝に牧場に到着し、日曜の昼には大阪に出発という、若者でしか出来ないタフなスケジュールにもかかわらず、せっかく来たからと、さらに市原にまで足を伸ばしたからと休憩に入る直前のらくだにも無理を言って乗せてもらいました。

象の国、かなりのお気に入りスポットになりました。

値段は少々お高いけど、あの大きな象や沢山の動物たちやスタッフを賄う為には、それくらい当然かかるだろうというのが正直な感想。


短い時間しか滞在できなかった弟ファミリー、今度はもっとゆっくりとしていってください。
とりあえず無事に関西にもたどり着いたようで、ドライバーの弟君はじめ、みなさん長旅、ご苦労様でした。

2015 All open horse show 大会前日の花鳥園 

朝から馬たちは超リラックスモード

競技会前だからといってガツガツ動かさなくてもいいかー。

ということで、長女たっての希望であった富士花鳥園に行ってきました。


入ってすぐにインコ,オウムのエリア。
ロキートやヨウムなど、様々な種類のインコとオウムの入っているケージに人間が入ります。

もうね…かぶりつきですよ。

トリさん好きにはたまらない環境です。


次はペンギン。エサをやることもできますが、今回はタッチだけ。

不意を突いたようで、このあと振り向いてつつかれました。

次は森をぬけて


たどり着いたのはエミュー牧場。

モヒカンとか角刈りとか、色んなヘアスタイルが楽しいです。

こちらは次女が痛く気に入ったようで、葉っぱを隠して遊んだり、


首のマッサージをして


ほら…こんなに


こんなに気持ちよさげ。

やはり、それだけ首が長いとこっちゃうのね…

あとは,フラミンブの幼鳥と遊んだり

二十分に楽しめる場所でしたよ。
なによりも、スタッフの方々が、鳥達と触れ合う時間をしっかりと取っているため、島達がとても人なつっこい❤
近くに行かれた際にはぜひ行ってみて下さい。
かなリオススメのスポットですよ!

最後にはパディーフィールドにもおじゃましました。

大会前日なのにこんなことしてこ良いのかしら…?

実はアリは・・・ 

珍しく、都会のネタです。

通勤途中、ふと気が付いたことがありました。

この遊歩道ではアリすら見たことが無い!



そして上から見たら、先ほどまで歩いていた遊歩道を歩いている人間がまるでアリのようでした。

あぁ、アリはいたんだ。

俯瞰って大切。

チャレンジャー 

全然馬に関係の無い話題。



あまりにも衝撃的過ぎたので・・・皆さんと分かち合おうかと。

鮭味・・・想像が付かない。

一体どんな破壊行為が口の中で繰り広げられるのだろう?

UHA味覚糖・・・只者ではないと思っていたが・・・恐るべし。

本当に鮭フレーク入ってるし。



根性がある人はお試しあれ。

八ヶ岳番外編:感動! 

昔、九州の競技会に参戦したときに、素晴らしい馬を見た。トレイルもプレジャーもレイニングもそつなくこなすオールマイティーホース。
彼女をみて、我が家の馬もそうあって欲しいと、出来ないことはないはずだと思えたきっかけになった馬だった。
アパルーサで名前はスージーQ。
残念ながら目の癌で手術の甲斐なく亡くなってしまったと、5月の競技会で聞いたところだった。

今回の競技会で、スージーQによく似た馬を見かけた。トレイルに出場していたのだが、経験値こそ低いけれど、マインドもよさ気で、素質もありそうな馬だった。

オーナーさんと話をしていたら、なんと、そのオーナーさんはスージーQの最後のオーナーさんだったことが判明!

スージーがあまりにいい馬だったので、その血縁をたどって、甥っ子にあたる馬を手に入れたとのこと。

まさか、あのスージーの血縁にこんなところで出会えるとは!

もうひとつ感動したことが・・・。
ひときわ目立つペイントホースがいたのだが、その馬の目が、まるで宇宙のようで。



美しすぎる・・・。
ずっと見ていた気持ちになってしまう目でした。

タカシすたんぷプロジェクト 第1弾 

牧場にはあまり関係のない話なのですが。特別編ということで。
しかも午前様でしたので、バックデートでUpします。


昨夜は娘と都内で落ち合い、男の創作料理 タニヤにて作戦会議を開くことに。

何の作戦会議かというと、後ろに写っている紳士のLineスタンプを長女が作成するプロジェクトをたちあげているのです。

ところが、ご本人にあったことのない娘は、行き詰ってしまい、「コレはぜひご本人にお会いして創作意欲を掻き立てなければ!」
ということで、「作戦会議」という名目で本プロジェクトの正式なスタートと相成りました。



ご本人に会って早々、カラオケの持ち歌リストを見せていただき、大いに笑う娘。
もともと、歩くコネタ集のような紳士なので、女子高生には面白くて仕方ないようです。

「お母さんの飲み会って仕事だと思ってたけど、こんな楽しいんだったら私もこれから参加したいわ!!!」
しまった。。。。今まで「仕事」で乗り切っていたのに!バレてしまった!!!

宴もたけなわ。常連のお客さん、I-画伯と画力対決?!

お題は「キティーちゃん」

・・・キティーちゃんを知らないI-画伯に「目と鼻で口がなくて耳にリボンのある猫」と伝えてできたのがコレ・・・



「猫」の部分を聞き漏らしたらしい。
そして・・・・耳にリボン・・・・耳からリボン?!

あとは何のキャラか私にはわからんが、「頭がひよこで腹巻している」がコレ



画伯・・・恐るべし




と、大人の「お仕事の時間」を垣間見た女子高生の夜でした。

あ・・・スタンププロジェクトは進行中です。さらりーまんタカシのスタンプがどう出来上がるのか?乞うご期待(笑)




釣りパラダイス 

今日も天気が良く暖かかったので近くの釣り堀の釣りパラダイスに行ってきた。

平日ということもあってか、お客さんはほとんどいない。

誰もエサを垂らさないので鯉たちは飢えているようで入れ食い状態。
P1190147.jpg

鯉ゾーンは4つの池があるが貸し切り状態。
P1190155.jpg

キャッチ&リリースなので同じやつが何度か混ざっているかもしれないが、一時間ほどで20~30匹ほど釣れた。
P1190162.jpg

ここの釣堀にはヘラブナやトラウトやブラックバスも別の池にいて、今回は鯉用の池だったはずが、なぜか一匹だけトラウトが釣れた。
9136.jpg
肉食だからか口がでかいので針を飲んでしまい、外すのが大変だった。

MotoGP 日本グランプリ 2014 in もてぎ 

1年、待ちに待ったMotoGPがモテギサーキットに帰ってきた。

4時起きからの3時間ドライブ。

毎回お世話になっているMarc VDS Racing TeamのKさんからいただいたゲストパスを受け取りにメディアセンターに。
P1170222.jpg
ちょうど元GPライダーの玉田誠氏もパスの受け取りにいたのだが、少し手間取っていた様子。

運転免許証等で身元確認されていたところ、近くにいた人が、「玉田でも顔パスできないのかぁ~」とポツリ。

かつてすごかったライダーでも現役でなければそうなんだ、と妙に納得。




今年はMotoGPクラスだけは地上波で放送するというので、ワンセグのTVを持参。

これでレースの進行が逐一わかるだろうと喜んでいたのもつかの間、「電波が受信できませんでした」の表示が。

茂木町の山間部はまでTV電波が届いていなかったようだ。

やはりパラボラアンテナ&CSチューナー持参で日テレG+を見られるようにするしかないのか。
P1170232.jpg

レース前のMoto3クラスのウォームアップ中にヘリコプターが始動。

たいしたことでなければいいのだが、どうやら今年も誰かが運ばれるようだ。
P1170233.jpg

ウォームアップ終了後はドカティーの二人乗りマシンの体験走行。

今年は誰なのだろうか?

サービス(嫌がらせ?)精神旺盛に、道中フロントを上げながら加速するバイク。

後ろに乗っている人は、見た目が小柄なので女性のようにも見受けられるが、はたして大丈夫だったのだろうか?
P1170234.jpg

今年のパドックはバリケードのレイアウトが少し変えられていて、行動範囲がさらに制限されてきているように感じた。
P1170230.jpg

今年はチームを出光ホンダに移籍したゼッケン30番の中上選手。

調子は今一つのようだが、母国グランプリだけに頑張ってもらいたい。

メディアセンターにいた玉田氏もこんなところにいた。
P1170236.jpg

通路を進むと一部分だけ異様な人だかり。

黄色いキャップやアフロがいるということは、あのバレンティーノ・ロッシ選手目当てのようだ。
P1170237.jpg

すぐ隣がMarc VDS Racing Teamのピットだったのだが、ちょうどロッシ選手が出てくるのが見えた。

気さくにサインなどに応じてはいるものの、人だかりが多すぎて前には進めない様子ですぐに引っ込んでしまった。
P1170238.jpg
すると、しばらくして長女が

「ロッシなら裏を通って行ったよ」と一言。

なぜロッシがMarc VDS Racing Teamのピット前を通っていったのか?

そういうことか

誰も出待ちしていないピットの端から突如現れたロッシ。

そのままこっそりと通路を通過することに成功。

P1170240.jpg

熱烈なファンであることはいいことだが、応援したい本人にそこまでさせてしまうのはどうかと思ってしまった一幕であった。
P1170229.jpg
人懐こい笑顔も人気の理由のひとつ?
最近はトイレにまでついていくファンもいるということ。それは余りにも気の毒だ。
MotoGPファンとしては日本GPに来てくれた選手が「日本は是非行きたい国だね」と言ってくれるようにしていかねば思う。


こちらでは、いつもパンフレットにサインをいただいているニッキー・ヘイデン選手を偶然コンテナハウスで見かけたので声をかけた。

忙しい?と聞いたところ、" It's kind of " といいながらも、気さくに対応してくれた。

相変わらずいい人だ。

昨年ニッキーを通して知り合った通称「クローン・ニッキー」のことで少し話をし、病気のため急きょこれなくなった彼のためにメッセージまでいただいた。
Nickey Hayden 
ファン思いの選手にCK-chanは酷く感動していた。

このように選手と間近で交流できるのもMarc VDS Racing TeamのKさんのおかげだ。

頭が下がる。


*****

Moto3クラス。

来年度はMoto2クラスにステップアップしてMarc VDS Racing Teamの一員になるというゼッケン12番のアレックス・マルケス選手を応援していたのだが、最終ラップの最後のほうでトップに立ち、チェッカーを受けた。

後でお祝いに一言と思って探したけども、結局、捕まらなかった。
P1170257.jpg
これはなかなか、大物になるかもしれない選手だ。

Moto2に上がったら上手に育ててあげてほしい。

来年の新しい楽しみがまたひとつ増えた。


*****

こちらはMoto2クラス。

うちにとってはメインであるMarc VDS Racing Teamの現役二人。

一番いい時で2位と3位を走行していて、前を走るエステヴェ・ラバトが今日もし勝っていればワールドチャンピオンが決まったかもしれなかった一戦だったが、結果は3位で、後ろを走るミカ・カリオは5位で最終的にフィニッシュ。
P1170260.jpg
次のオーストラリア戦がどうなるのか。今からTVの予約を入れておかねば!


********

MotoGPは、オープニングラップ、ロッシ選手がトップで通過。

久しぶりにやってくれるのか?と期待交じりで会場も大盛り上がり。
P1170267.jpg

あのニッキー・ヘイデンは、病み上がりからの回復途中でまだ調子が上がっていないのか、ポイント圏ギリギリのあたりを走行しているようだ。
P1170278.jpg
怪我のため手首の稼動域が制限されているという、バイク乗りには致命的な状態でポイント圏内に入れるとは、さすがチャンプ経験者のベテランライダーだ。


世界に配信されているあの映像も、この手作り&即席感満載の段ボールのおかげだとはだれも思うまい。

P1170280.jpg


ちょっと肌寒くなってきた曇り空の中、浴衣姿の女性二人を発見。

あんな恰好をしていたら目立つよなぁと思っていたら、普通の人では行けないエリアに入っていった。

浴衣なのにヘルメットも持っている。

ということは関係者?
P1170286.jpg

しばらくすると、今度は異様ないでたちの武士登場。

中には外国の人が入っていた。

なんだなんだと思いながらよく見ると、隣の人のTシャツに「1」の文字。

そうか、今日でマルク・マルケスのワールドチャンピオンが決まったようだ。
P1170290.jpg

武士たちは3コーナーのグラベルでWinningセレモニーの準備中。

1と書いたでかい風船も用意されている。
P1170293.jpg

浴衣の女性が持っていたヘルメットは真っキンキン。
P1170294.jpg

しばらくするとスモークがたかれ、マルケス登場。
P1170295.jpg

おっ!

武士が切りつけるのか?
P1170296.jpg

と思っていたら、マルケスに刀を渡した。
P1170297.jpg
マルケスの夢は5人目の忍者タートルズになりたかったらしく、刀は好きみたい。

受け取った刀は風船のひもを切るためのモノだったようだ。
P1170300.jpg

とりあえず、大喜びの様子のマルケス。
P1170301.jpg
イッチバーン!!!

金のヘルメットをかぶり、1番のTシャツを着て、
P1170304.jpg

旗を持ってウイニングランに出発。
P1170307.jpg
昨年はMoto2クラスでエスパルガロもここで着替えたりやっていたので、こういったイベント時、この間先場所はとってもいい場所だ。

帰り道、コントロールタワーあたりでまだ人だかりが。

よく見るとロッシとマルケスが階段を上っていた最中。
P1170308.jpg

どうやらこれから表彰式のようだ。
P1170310.jpg

誰かが「マルケス!」と叫ぶとこの表情。
P1170311.jpg

ここは、普段TVで見る表彰台のちょうど後ろのようだ。

この建物の向こう側の表彰台の前にはゲストパスで入らしてもらえるのだろうか?(謎)
P1170313.jpg
もう少し余韻に浸っていたかったが、帰りの渋滞を考えたらここら辺で退散するのが妥当だろうと判断し、後ろ髪を引かれつつ退散。
来年はどうなるのだろう?

今から楽しみでならない。

ハットして~♪  100% ???  

ステキなハットが安かったので、思わずネット購入してしまいました。

ね?ステキでしょ?つばの角度なんかサイコー(≡゚∀゚≡)





・・・・・

100% PAPER・・・・


щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!! 紙製だよ!紙製!!!