ジャクソンくんの目 

ジャクソンくんの目の下に白い影があるのが気になり獣医さんへ。

キズがついていないかチェックするために特殊な目薬を点眼し紫外線ライトをあてる。

特殊な眼薬は緑色に光ります。

涙腺を通って鼻から緑が…

原因は特定されませんでしたが、特に傷がついているわけではなく、恐らく傷がていて、それが治りかけている過程ではないか?

とのこと。しばらく様子見です。

スポンサーサイト

決闘 

ついに決闘の時が来た。

完全防備をしたジャガー、

「ジャクソン❗かかってこい!」

ガウガウ❗

「なーんちゃって、ボクちん、変なヒトには関わり合いたく ありましぇんっ!」

必殺 きびす返し…  そしてずっこけるジャガー

おいおまえ、敵前逃亡とはどういうことだ!

こうしてくれるわっ!

ペナルティーとしてこれをかぶってもらうぞ。

ジャガーさん、それはもしや例のライオンになれる…

ジ…ジャガーさん、ライオンになれませんけどっ❗❗

ジャガーの名前の由来は、あの肉食動物のジャガーというわけではなく、ジャガ芋をこよなく愛する男だからだ。

今回はジャガーたっての希望で「自分で収穫したイモを食いたい!」ということで、(季節はずれのため)スーパーで購入したジャガイモを

畑に埋めて… 

収穫!

捕ったどぉー!

ジャガイモはさておき、

今日のメインはサバゲー

中高生 vs オヤジーズ

軽トラにも乗ったし、 

カッコイイ写真も撮れたし。 

また来年、今度は中高生チームに知恵を授けておきますね!

果たし状届く 

数日前のこと。



物騒な書簡がとどいた…




思い起こせば昨年春、

あの惨事が起こった。 


初めて出会った二人は、

そう、まるで幼なじみの

再会のように。


駆け寄り、 

抱き合うはずだった。



・・・・・・・ただ、彼の鼻の位置が

若干低く

それがゆえに

 

あの大惨事が…。

殿方ならご想像に易いだろう。


駆け寄った彼が顔を上げた瞬間、

家宝を直撃してしまったようで。


悶絶し床に倒れこむジャガー・・・・


勝負は一瞬でついた。





=果たし状本文=



ジャクソンくん、どうする?

果たし状来ちゃったけど…。

「ボクちんは変な人とは関わり合いたくありましぇんっ!」



果たし合いを見たい方は明日10:00以降Fazandaへ…

犬着 

寒がりのジャクソンのために犬着を買った。

ウラがわにボアがついていて、胸元から腹までカバーするヌクヌク仕様。


だが…どうにもこうにも…
寝た後には必ず片方の袖口から前肢が2本出てるのよね~。

ダメだコリャ…。

北朝鮮よりはるばるきたる 

実は、昨日たずねてきていたのは人間だけではありませんでした。

何と、日本には恐らくこの子達意外にいないのではないでしょうか?
(金正日がプリンセステンコーに1匹あげたという話ですが、彼女が日本で飼っているとは思えないし)

とあるルートで北朝鮮から来日した豊山犬(ぷんさんけん)の親子です。(北朝鮮では国宝指定だそうです)
10917437_886995894667565_3317018329029274346_n.jpg
 
マニアにはヨダレ物ですね。(あら、もよおしている写真で失礼(´0ノ`*)オーホッホッホ!!)

私も生まれて初めて見ました。
一見、某電話会社のお父さん犬に見えますが、性格はかなり強いみたいです。
そしてこのファミリーの中でも一番強いのがお母さんらしい・・・。
なんだ、家族のパワーバランスはお父さん犬のいる白戸家と同じじゃん。(゚^Д^゚ )゚。
その一番強いお母さん犬、我が家の末娘に対してだけは、警戒せず。なにかあるのかなぁ???


また、はたと気になったのがこちら。
fc2_2015-01-04_17-40-41-295.jpg
  
後肢の2重狼爪?

全てにおいて興味深いお客さんでした♪

=追記=
以下、オーナーさんから彼らの来日の由来の情報です。

2000年に開かれた南北首脳会談の際、韓国固有種の珍島犬(チンドゲ)と北朝鮮固有種の豊山犬(プンサンゲ)が互いに贈られたのを契機に韓国内で土着犬普及の気運がもたらされ、それまで動物園でしか飼育されなかった豊山犬が民間でも少数ながら出回るようになりました。その希少価値からか?中国経由でかなりの偽物が出回ったりもしましたが、良心的な人もいてなんとか固有種を保存する団体も立ち上がりました。私の飼う豊山犬は…厳密には、父犬(プンシル)の1代前、母犬(モンシル)の2代前の親犬が北朝鮮から韓国へ正規に入り、そして私が韓国から日本へ連れて来て息子犬(トンイ、コッスン、ユッケ、クッパ、コムタン)が日本で生まれました。

寒がりJackson 

先日は皆さんから色々とご心配のコメントをいただきまして、ありがとうございます。


本日のJacksonくん、すっかり元気で(もともと元気でしたが・・・)、今日はこんな一日を過ごしました。

---------------

さむ~いドイツの犬、ドーベルマン

のはずなんだけどね~。

日本生まれと思しきJacksonくん。
超寒がりです。


少しでも日の当る所に移動して光合成をします。

全身に光が当たるよう、縮こまって座っています。(笑)

そんなJackson君の暇つぶしはネコスケと遊ぶこと。
P1180301.jpg 
何するニャー!!! (☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー って怒られてもなんのその。。。

こうやって2匹でハードにじゃれあってます。
P1180303.jpg 
「離れるニャン!うっとおしいニャン!!!」

「俺たち、仲間だよなっ!」

「お・・・重いニャン・・・」

今日はなんとお向かいさんから馬達にニンジンの差し入れが・・・。

このサイズの袋を3っつも!!!

さっそく馬達も1日速いお年玉をいただきました。


ご近所さんにも恵まれて、周りの皆さんからも支えられ、今年もありがたい気持ちいっぱいで締めくくることが出来そうです。



第3の瞼 

今日は日がな一日雨が降っていたので、昨夜の話。

いつもこんな感じのJacksonだが・・・
P1180265.jpg


急に白目をむき出した。
慌てて獣医さんに時間外受診に駆け込みました。
P1180269.jpg
結果、眼球が少し奥に引っ込んで、瞬膜という第3のまぶたが出ている状態とのこと。

犬の視神経は、なんと、脳から心臓付近を通り、中耳、そして目に行っているそうだが、この通り道のどこかに問題があったときにこのような状態になるとのこと。
P1180271.jpg
恐らくJacksonの場合は、痙攣やふらつき、その他の症状もなく、直前まで車に乗っていたこともあったので、恐らく中耳に何か異常(車酔いのような状態)があったのだろう。ということで、しばらく様子見になりました。

病院を出る頃にはこの通り、徐々にではあるけれど元の状態に戻ってきました。


P1180272.jpg
ライナスの件もあるので、ヒヤッとしましたが、大丈夫なようです。

よかったよかった。




ヘコされDOG 

本日のBlogは、「新しい競技」の、まずは訂正から。
Yパパ、教えてくれてありがとう!そのまま転記せさせていただきますね。勉強になるわ~♪



Posting「その場所から立ち上がる」という意味らしいです。郵便配達人=ポニーエクスプレスなどの西部開拓時代を思い浮かべて伝説的に語られている誤解という話を聞いたことがあります。
ちなみに、ロープ(駈足)もRではなくLopeだそうで、ゆっくりとか跳ねるという意味合いを含んだ走るという単語だそうです。



さてさて、話は変わり崖崩れの現状確認、市役所はそれどころではないらしく、「現状確認に行きますので、それまでは何もしないでください。」という言葉を残したまま、本日も多忙のため現れず・・・。
次の台風来たらどうしましょうかねぇ・・・



ということで、文字だけでは愛想が無いので競技会の時の1コマです。

牧場仲間のOさんの犬Bは下半身不随で車いすを使っています。
ちょっと前まで、Jackson君が近づいたら「ウ“~~~」と威嚇していたのですが、今回は何故かこの通り。
2013_10_12_06_13_22.jpg
逆にジャクソン君の方が背毛が逆立っていますね・・・。

でも興味はあるからお尻を嗅ぎたいんだけど。
2013_10_12_06_13_29.jpg
なかなか バックは捕らせてもらえず…

挙句の果てに
2013_10_12_06_13_52.jpg 前脚を絡められ、Bに妄想ヘコヘコされる始末・・・。

人間でもたまにいますよね。
こういう「イヤ」って言えない人

譲れません 

雨の日はネタが無くて困ります。
犬も、猫も、牧場に連れていってもずっと部屋にこもりきりになってしまいますので、今日は家でお留守番です。

ということで、今日はお留守番させられるジャクソン君に、置き土産のホネをあげることにしました。

「ジャクソン、待て。よ、待て!」
2013_10_05_10_40_00.jpg

「ヨシ!」  
2013_10_05_10_40_37.jpg 

幸せな瞬間というのは、いつも誰かに邪魔されるものでして・・・
2013_10_05_10_41_33.jpg 
最後まで両手でしかとホネを押えて守り抜いたジャクソンくんでした(笑)。

八ヶ岳番外編 (その2) 

ジャクソン君だと思ったでしょう!
2013_07_13_06_23_31.jpg
 
残念! 競技会場で出会ったカイザーくんです。御歳14歳。お口の周りが白くなっていますね。
ジャクソン君もこれくらい長生きしてほしいですね。

お気に入りの場所 

フィラリアの検査や予防接種のために動物病院にやってきたジャクソン君。

診察室の扉が開くと、いの一番に診察台に飛び乗ってスタンバイOK。
P1050167.jpg
この台の上でされることといえば注射がほとんどなのだが、それでもこの上が大好きなジャクソン君でした。
獣医さんもイイコ加減にニッコリ

困ったJacksonくん 

あらあら・・・ジャクソン君が困っています。
1367102966643.jpg
 
オイ、お前、小さい馬だろう?


い・・・いや。ボクは犬という種類で・・・

1367103003957.jpg 
うそつけ。さっきオレ様のほし草を食ってたじゃないか。 
本当に馬じゃないのか調べてやる。
くんくんくんくん・・・・



だ・・・だんなぁ・・・そ・・・・そんなに嗅がないでくだせぇ。
1367103000156.jpg

と言っているかどうかは知らないが、すっかりフリーズしてしまい、決してDONちゃんと目を合わせようとはしないJacksonくんでした。

光合成 

自分のBEDがちゃんとあるのに・・・・
P1040269.jpg
春の日差しが少しでもあると必死に光合成をしにいきます。

盗み食い 

馬のボロのようでありながら、サイズはとても小さく、およそ馬が立ち入らない場所にある。
P1030934.jpg
これがだれのものか、犯人のめぼしはついている。

ジャクソンだ。

いつもボロを狙っているのはわかっているので食べさせないようにしているのだが、監視の目を盗んで勝手に食べていたようで、証拠を残してしまったようだ。

フラフープ 

連休最終日にShinobu-が持て来てくれたフラフープです。

次女が遊んでいると、後ろで物欲しげに見ている影が・・・
P1030682.jpg

あねさん、それ、遊ぶものですかい?


P1030684.jpg
わしも混ぜてください!
 P1030683.jpg
あらよっと!

  P1030686.jpg
こいつを捕まえて・・・・ 

P1030687.jpg
つ・・・捕まえたがいいが・・・この獲物は口に入らんぞっ!!

P1030688.jpg
こうしたら運べまっせ!ねぇさん!オレって天才~!!
 P1030689.jpg そして馬達は

変な生き物がいる・・・



と遠巻きに観察していました。

FBI 

たまに倉庫に入ってもらうことがあるJackson君ですが・・・

何故か入ったはずの倉庫ではなく畑のイモをあさっていることがあります。

な~ぜ~だ~~~???

隠したって無駄ですよ。

犯人は・・・お前だ!
P1030664.jpg 窓に沢山の指紋ならぬ足跡が残っています。
自分で開けちゃえるようになったのね。こまったなぁ・・・

Dog Collar 

Jacksonくんは首輪持ち。

何故かというと、子供達の唯一の習いごとの英会話の先生が起業をして、登山用ロープで編んだハンドメイドの首輪を作る会社を始めたから。

Slatsmanduという会社です。
すごくカラフルな首輪が沢山あってカワイイ!!ので、興味のある方は一度訪ねてみてくださいね。
ここのメーカーのリード、ねじりが入っていたりして変わっていて素敵なのよ~。

今日は新しいタイプの首輪ができたということで持ってきていただきました。
P1010946.jpg

上の首輪が前のバージョン。
下のがニューバージョン。幾分太くなりシッカリとしています。そして、見た目がシンプルになりましたね。

Jakusonくんに装着。
P1010948.jpg
黒犬に黒首輪だからわかりにくいかな???
一見、Guard Dogらしくて、カッコイイです♪




=オマケ=

なぁ~。。。 にゃんでオレら、こんな恰好して写真撮られてるん???
P1010952.jpg
ようわからんけど、ご主人様に押さえられて身動き取れへんねん。。。
逆らったらめっさ怒られるし・・・。
ええな。若いの・・・。ええこと教えたるわ。

こういう時はとりあえず大人しくしとくんや


これが犬的処世術っちゅうもんやで。


2匹の「不本意ながら・・・」といわんばかりの表情が何とも言えませんね。

BONES 

会社の犬友から頂いた羊の骨です。いつもすんませんなぁ~。。。
おかげでJacksonくんは贅沢の味を知ってしまいました(笑)
ということで、ご相伴にあずかります。ありがとうございます!


Jacksonくん、とても期待しています。

ね・・・・・ねぇさん・・・・・
こ・・・・これはもしやっ!!!

P1010661.jpg
 
ネコ助が来てからというもの、不遇な扱いを受けているJacksonくん。

過度な期待は身を滅ぼしますぞ。


ということで、「猫ってホネ食べるのかしら???」というCK-chanの純粋な疑問にに答えるべく・・・

ネコ助の出番で~~っす!

うみゃぁ~うみゃ~!!
P1010665.jpg 
ビニールの上からでもかじっちゃうにゃ~!!!
そ・・・そんな御無体な・・・・・


あまりいじめたら可哀想なのでそろそろ君にもイイ思いをさせてあげよう。

ビニールを剥いて、「ヨシ!」



       言葉にならないそうです。
P1010667.jpg 


安心して食べれたのもつかの間。。。


にゃ~にゃ~、それ、少し分けてくれんかね?
P1010675_20121101233054.jpg 



わしの心はそんなに広ぅないわ!
P1010683_20121101233054.jpg 
チィッ!



でもあきらめきれず・・・・・



にゃ~にゃ~、やっぱ一舐めでいいから~~~
P1010688.jpg 

P1010674.jpg 
ネコ助に取られてなるものかと両手で抱え込み~~~(笑)


しつこいぞ!小僧。 
お前にはまだ早すぎる!!!

P1010680.jpg
ダメだこりゃ。



最後は食い散らかした食べカスまで綺麗に舐めてご馳走様でした。
P1010699_20121101233155.jpg
良かったね。Jacksonくん。

あと2本もあるからね。


その内にあげるわ。

ねぇさん・・・・ 

ねぇさん・・・、ワシ・・・



こんなことされても

P1010421.jpg
 
コンノニャロ! コンニャロ!!



こんなことされても・・・・
P1010420.jpg
蹴ったるニャ~! ゲシッ! ゲッシッ!!




こんなことされても・・・・
P1010422.jpg
喰ったるニャ~!!



こんなことされても・・・・
P1010418.jpg
ガブガブガブ・・・・





ずっと我慢してるんでっせ・・・・


   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


もぅ、コイツ 喰っちまっていいですか????

P1010419_20121019235020.jpg 
ガブガブガブガブ・・・



             だ め で す 。 

獣です 

会社の犬仲間から、なんと馬の骨を頂いた。
P1020222.jpg
この細さはアバラであろうか?
娘たちは「馬・・・食べさせるの?」とドン引き。

そんなことはどこ吹く風♪

P1020229_20120424221402.jpg
バリバリと一気に食してしまった。
仕上げにお鍋も舐めて床も舐めて、「モウオワリデスカ???」

いやぁ、そんな熱い目で見られても・・・。


こちらはもう一方の獣たち。
すっかり大きくなって、こんなにふざけた格好で飲乳。
P1020209.jpg
酔っ払いのおっさんみたい(笑)

こちらはまだ小柄。 食が細いのでがんばって飲んでください。
P1020215.jpg
ちっちゃいけど ガオー!

顎置き 

宿題中の次女のかたに顎を乗せる・・・

次女が動いてもまた乗せる。

2012_03_10_15_22_19.jpg

頭が重いそうだ。

いや、そんなに脳みそ入っていないと思うんだけどさ。

俺の獲物 

さむいさむい!!

馬房掃除をしていても鼻がキンキンに冷えているのが分かります。

その上凄い風です。冷たくて強い風。
耳がちぎれそう!!!

ということで、本日はコタツカリ(ヤドカリのコタツ版)です。
馬に乗る気もしません。というより、馬場がぬかるんでいるので乗れません。(ということにしておこう・・・)

こんな日でも元気なのはJackson君。
DSC_0121.jpg
フリスビーにハマり中です。KONGという商品から出ている分厚いゴムで出来ている犬用フリスビーです。

上手にCatchした後は・・・
DSC_0127_20120218221623.jpg
俺の獲物!!!を見せびらかしたく、わざわざフリスビーを咥えたまま何週か投手の周りを走り回ります。

犬って単純でいいなぁ・・・(笑)

レーザーポインター Hunting 

本日は雨のため、外乗コースの作戦会議をしました。
Google mapで見てみたら、結構よさげな道があるではないですか♪
これは今後開拓していく価値ありですね!!
楽しみがまた増えました。

さて、こちらは暇をもてあます犬と子供たちです。
P1010703.jpg
犬用のフリスビーを取りあいっこ。


そして、Jacksonの最近のマイブーム

レーザーポインターハンティングです。

P1010711.jpg

CK-iのレーザーポインターさばき、なかなかのものでしょう(笑)

大目玉 

我が家の馬鹿犬。
待てと言ったのに盗み食いをしてCK-iに大目玉を食らいました。

さらに馬鹿なことに怒られてる最中に反抗的に吠えたため、フルボッコにされました。
我が家で人に向かって吠えるのは許されないことです。

再度同じことをさせます。

フセのままマテ。
P1002771.jpg

あれだけ怒られたら鼻の上のクッキーにすら意識が行かず、CK-iを凝視しています。

最初のうちに言うことを聞いていたら良かったのにね。

バッタ犬 

この季節、歩いているとよく足元でピョンとバッタが飛び跳ねる。

するとそれを見たジャクソンはガブッと飛びかかる。
P1002699.jpg
大抵スカするんだけどね。

っていうか、捕まえたこと、ないよね。多分。

すっかり元気 

熱中症で入院していたJacksonくん。
週末に退院して、今はすっかり元気です。

CK-chanの犬友達からお見舞いをいただきました。

ロープの輪っかにテニスボールが付いたおもちゃ。


いつものことですが、さっそくCK-iに苛められています。

「まて!」
DSC_0669.jpg
せつない顔で我慢我慢。。。

「よし!」
DSC_0672.jpg
“オレサマノエモノ” もう、だれにも渡したくありませんね。
小一時間舐めたり噛んだりしていましたよ。

そして、すんなりと玩具を見放して、BEDにいったと思ったら・・・・
DSC_0673.jpg
こわれてんじゃん!!!

熱中症 

時間帯が悪かったか、レインボーブリッジ方の景色をを1時間も堪能したジャクソン。
P1002513.jpg
だが、これが悲劇の始まりだった。

良かれと思ってエアコンの効く車内に置いていたけれど、マフラーからの排熱が床を温めて、床に近かったJacksonの体力を奪っていったのだろうと思われる。

八ヶ岳についたその夜にエサを吐いて、それ以来一切何も口にせず、ただ水を大量に飲むばかり。
食べ物を与えても見向きもせずという具合なので、胃腸障害か腸ねん転かと思っていた。

が、帰宅した翌日には水を飲むことすらしなくなったので、祝日に空いている動物病院へ連れて行ったら、熱中症で即入院。
DSC_0643.jpg

血中のナトリウム値が恐ろしく乱れていて、予断を許さない状況だと医師に告げられた。

とりあえず、唯一の対策は体を冷やすことと点滴ということで、ふとももにアイスノン。
DSC_0644.jpg

後日談: 7月20日現在、Jacksonはまだ入院中だが、峠は越えたようで、食事もできるようになった。でも、点滴を外すとナトリウム値がまた乱れてしまうということで、もうしばらく入院は続きそう。
てな具合で、なかなかBlogも更新できなかった。

それにしても、生きていてくれて良かった。
これは明らかに飼い主の過失。反省することしきり。いい勉強になった。ごめんよ。Jackson。

ぱくっ 

3女がトンボを素手で捕まえるのにハマっています。
「ほらジャクソン、捕まえたよ。」
DSC_0587.jpg
「ボク、食べていいんですか?」

「鼻の上に乗せてからね」
DSC_0589.jpg
「ウン。」

ぱくっ

DSC_0591.jpg
「オイシカッタよ」

・・・・



なんて、冗談です。


さて、DONちゃんは八ヶ岳ホースショウに向けて特訓中。
DSC_0594.jpg
今回は次女が初レイニングにトライするので、ちょっと荷が重そうです(笑)。

どうしたもんだかねぇ~。 

本日は低気圧が来ているとのことで、凄い強風です。

少しだけ馬に乗って、さっさと片付けをしていたらポツポツと雨が降ってきました。

グッドタイミングでした。

さて、このように風の強い日、馬房の中はどうなってしまうかというと・・・
DSC_0491.jpg
チップがすっかりと飛ばされています。

水桶の中もチップが入って幕を張っています。
DSC_0490.jpg

こんな状態なので、ドンちゃんの目が心配です。
風に舞ったチップが目に入るとすごく痛いんですよね。
少し涙を流していたのでチップは補充せずに、小水する場所にだけ敷いておくことにします。
この土地では強風の際のチップは厳禁です。

馬用のゴーグルがあったら買っちゃうかも(笑)


さて、買い物に行ったついでにジャクソン君にお土産を買いました。
さぞかし喜ぶでしょう♪と思い、カミカミボーンをあげたら、どうも、どうして良いかわからない様子で自分の布団の下に隠そうとします。
いつものお菓子(馬の蹄など)は咥えたとたんにバリバリと行くのに・・・。

多分、このお菓子は食べたことがないんでしょうね。
何回かOK!と指示をしている内に「食べていいものなんだ」と理解したらしく、以下の写真です。
P1002428.jpg
コレ、ホントウニ、タベテイイデスヨネ???

咥えたものの、やっぱりどうしていいかわからないけど、でも噛んでみてます。。。。状態です。

春の動物たち(含む・虫) 

今日は長女の参観日で半日がつぶれる。

なので、そんなにネタがない。

あえて言えばコイツである。
(虫が苦手な人は見ないでね)

↓  ↓  ↓





DSC_0487.jpg
ジャクソンの首元に付いていたダニ。
朝、なでていたときには付いていなかったので、恐らくFazendaについて5分以内に拾ったのだろう。
引っ張ったらジャクソンの皮膚ごと着いてきた。
これだけパンパンに血を吸っているということは、他の動物についていたということ。

こうやって病気は伝染っていくんだなと思った。
コヤツの始末は3女が申し出たので、彼女に任せた。


長女の参観が終わって、夕方、馬の世話をしに戻ったら、なんと、野兎の子ウサギが草むらから飛び出て馬場に乱入!

もちろん、3人娘は捕獲すべく馬場に飛び込んだものの、子ウサギの足の速さにかなうはずもなくあえなく撃沈。
その直後にネズミが草むらでジャンプ!
子ウサギに逃げられて悔しい思いをしていた子どもたちは、当然のことく捕獲したがったのだが、相手が相手だけに、今回はご遠慮願った。