ゲートのやり直し 完成 

トラクターで引っかける原因となっていた柵の出っ張りをギリギリでカットした。
ゲート56

反対側もカットした。
ゲート57

以前、ゲートを勢いよく開けたときに横棒が奥まで入り過ぎて取れなくなった事があったので、その対策の為に、まず、タップを立てる。
ゲート58

出来たネジ穴に、ステンレスのビスをねじ込んでおく。
ゲート59

こうすることで、勢いよく開けても横棒が奥まで入らず、止まってくれるようになる。
ゲート60


はじめから施工方法通りきちんとしていれば良いのだが、適当に進めるあまり、うちの牧場では3歩進んでは2歩下がるの繰り返しでなかなか前に進まない。

前回は1㎜程度しかしなかった塩ビパイプの面取りも、今度はネットで調べて、指示通りきっちり8㎜とった。
水道69

ホームセンターでは塩ビパイプの挿入機を探しに行ったが、取り扱いがないとこの事で、代わりに、指示書には破損するからやってはいけないと書かれていたが、ハンマーで思い切りたたいてもパイプが破損しないよう、パイプを保護出来そうな止水用のキャップを買ってきた。
水道70

エルボには使えない技だが、両端ともネジになっているこの組み合わせだとうまくいったようで、10ポンドハンマーで叩いても割れることなくきっちりと奥まで入った。
水道71

馬場にロータリーをかけると、大きな木の周りではよく瓦が出てきていたが、それらは表面にあったほんの一部だったようで、ユンボで掘ったら大量に出てきた。
馬場53

ある程度かたまって埋まっていたのが幸いだったが、ビンなどのガラスも結構出てきたので、捨て場だったのだろう。
馬場54

スポンサーサイト