2013 JCSN シューティング サーキット 1stステージ 

富士山をバックに、朝練開始。
P1040969.jpg
今日はアウェイなので、ライナスはとくに、馬場に馴らすことから始める。
P1040970.jpg
アウェイならではの緊張感からか、いつもに増して少し勢いがあるようだ。
P1040976.jpg
なので、みんなで立ち代り乗り替わりながらライナスが疲れて勢いが収まるまで乗り続けた。
P1040987.jpg
今回出場出番のないドンちゃんは、とにかく風船に馴らすことにだけ集中。
P1040980.jpg
ライフルクラスが始まり、室内馬場から風船の割れる音が鳴りだすとライナスは元気倍増。
P1040996.jpg
家族リレーでライナスをなんとか撃沈させる。
P1040999.jpg
今日の誤算は、様子見も兼ねてCK-chanが一番最初に出場するつもりだったが、参加クラスの関係で、セミオープンクラスにでる長女がライナスのシューティングデビュー戦を飾ることになった。
P1050002.jpg
ドンちゃんと比べると全然問題ない程度だが、風船が割れるときに毎回首が上がっているところからして、まったく気にしていないわけではなさそうだ。


マイガンが故障のため、急きょレンタルガンで開幕を走り抜けることに。
P1050005.jpg&
前半は良かったが後半のコースアウトあたりからガタガタに。


2戦連続の入賞を目指す次女。
P1050006.jpg 
今回、風船が割れなかっただけで、実はパーフェクト。しかも前半戦をトップタイムで折り返す。

もしかして、もしかするかも・・・。


お昼休みの間に、銃担当のテフさんに見てもらった。
P1050007.jpg
銃がおかしかったのは、この部品の一部が折れていたからだったということが判明。
P1050010.jpg
簡単に修理してもらってヤッターと喜んだのもつかの間、こんなところにも大きな亀裂が・・・。

いつの間にこんなことになっていたのやら。

さすがのテフさんでもココのスペア部品は持っていなくて、長期入院となってしまった。
P1050011.jpg
静岡に引っ越してきたカンジさんが応援に駆け付けてくれたので、今日は出番のないドンちゃんに乗っててもらたった。

久しぶりに乗ったという割にはしっかりとドンちゃんを乗りこなしてくれて、いいトレーニングになった。
P1050013.jpg
午前中はい感じに仕上がったので、午後もいい気でいたが、いざ乗ってみると朝一と同じ状態に戻っていた。

これはやばいと思っても、調整するにはもう時間が足りない。
P1050014.jpg
馬ができていなくても、もう行くしかない。

首が完全に逃げの姿勢に入ったままだが、片手手綱だと簡単に修正しようがない。

シューティングをやればやるほどいやなものになってきたのか、それとも、乗り手が逃げる隙を与えてしまっているだけなのか、馬のできなさ加減だけは結果が教えてくれた。



毎回の恒例となりつつある名物のオヤジさんは今回、ゾロのいでたちで登場。
P1050026.jpg
風船はまた帰ってからするとして、出口に来れば逃げられると思ったその勘違いをしっかりとつぶして、3女でも楽々出口前を通り過ぎられるまでにして今日の最後を締めた。
P1050045.jpg
今回の成績は、セミオープンクラスの長女が、惜しくも入賞を逃した4位。

オープンクラスは、CK-chanが6位で、次女は今回も何とかCK-chanには勝てたものの、2走目のガタガタがたたり5位まで転落した。


今回は、予定外に馬の調整のために乗ったり、数年ぶりに馬に落とされたりと、腰にダメージが大きすぎて、一時一人では立ち上がることもできなくなるくらい痛くもなったが、その分、子供たちがいつも以上にお手伝いに励んでくれたので、随分と助かった。

今ではトレーラの連結も手伝ってもらえるようになってきたので、後は免許が取れる年齢になれば運転もしてもらええてさらに楽ができるようになるかもしれない。
P1050049.jpg

スポンサーサイト