ファイバースコープ 

台風に飛ばされたコンテナハウスの床の歪みが治らない。
これは、骨組みが曲がっているのではないか?
ということで、ファイバースコープを購入。


歪みの間から差し込んで骨組みを確認。


初めは上と下の区別がつかず、宇宙遊泳みたいな感じに携帯の画面がぐるぐる。
慣れてくると様子がわかるようになった。
特に曲がっている様子はない。


念のため外からも確認。


だいじょうぶそうだ。
ということは…
当て木をして、でっかいハンマー🔨で床を叩く。


意外とアリなのね。
物理的な修理。




わかりにくいけど、ちゃんと平らになりました。

スポンサーサイト