200系ハイエース 静音化 その2 床の制振 

そういえば、床をはがすのを忘れていた。
P1000997_20120411173456.jpg
絨毯やボードを外した後、結構汚れていたので、掃除機をかけて床ぶきした。

これでほんとの空っぽ。

ハイエースの静音化に向けて使おうと思っている材料は、レジェトレックス。
P1000998.jpg
このレジェトレックスは、薄いアルミ素材とブチルゴム系の粘着シートでできている制振材で、鉛シートやレアルシルトと比べ、コストパフォーマンスがとてもよく、1M×50㎝で1,100円だった。

性能こそ鉛シートやレアルシルトには及ばないが、値段が倍以上するからといって、性能まで倍以上になっている訳ではないので、値段は安いレジェトレックスでも、制振材として機能は十分はっきしてくれるだろう。

静音化するに当たって、先ずこの制振材を表面積の3割ほど貼り付けて、その上から防音・遮音材を、最後に吸音材の順番に貼り付けると車外からの音を防音するのに効果がでるという。

本来は表面積の3割ほどで効果があると言われていたが、床には元からアスファルト系の制振材が貼り付けられているので、制振材が張られていない場所に貼り付けていった。
P1000999.jpg
制振材を張る前と後に床をコンコンと叩いてみたが、今の所、これだけではビデオに撮って交互に聞き比べないと体感できないくらいの違いしかないようだ。

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/1258-2d0af71a