MotoGP 日本グランプリ 2013 in もてぎ 

今年もmoto GP観戦に向けて出発。

昨年は3時起きで出発して2時間もインフォメーションセンター前で待つ羽目になったので、今年は2時間遅く起きてからの出発。

道中、先日の台風の影響で崩れて片側交互通行になっている場所に出くわしたが、まだ朝が早いからか、それほど車がいなかったので渋滞にはならずすんなり通り抜けていけた。
P1090447.jpg 
高速を降りてしばらくするとmoto GP渋滞発生か?と思ったが、単なる信号渋滞。

ココを抜ければすんなりとサーキットへたどり着いた。
P1090453.jpg

毎回Kさんの計らいでサーキット内にあるP2に駐車場所を確保してもらっているので、他の車をしり目に優越感に浸りながら奥へと進んでいくはずが、誘導係に間違った駐車場に誘導され、遠回りしながらやっと目的地に。
P1090455.jpg 
到着したときにはちょうどmoto2クラスがウォームアップをしていたところで、P2の駐車場は本来の観戦ポイントではないのだが、実は、5コーナーを内側から見ることができるなかなか見どころあるポイントでもある。
P1090461.jpg

P2からずっと遠くの、たぶん1~2コーナーあたりだろうか?

突然深い霧が突然押し寄せてきた。
P1090465.jpg 
そういえば、公式練習も霧のために中止になっていたので、今回ももしかしたら・・・、と思っていたら、やはり赤旗で練習走行中断。

選手にとって、とことん練習やセットアップの時間に苦しめられる大会のようだ。
P1090471.jpg

次はmoto GPクラスのウォームアップなのだが、バレンティーノ・ロッシは相変わらずの人気ぶりで、道を通るたびにもみくちゃ。
P1090475.jpg 

2コーナーから3コーナーのストレート区間で観戦していたら、関係者しか入れないフェンスの中に何やら見たことある人が。

日本テレビのコメンテーターとしてもてぎを訪れていたチューリアルの福田さんだった。

なるほど、知り合いではなかったが、よく知った顔の人なはずだ。

昨年も二人乗りのmoto GPマシンにに乗るために来ていたようだが、また今年も仕事で来ていたようだ。
P1090477.jpg 
練習走行も終わり、いよいよmoto GPが開幕という時間になると、自衛隊の戦闘機が今年もデモ飛行にやってきた。
P1090485.jpg

初めはmoto 3クラスから。

スタート直後の一週目は団子状態。

年間ランキングの上位人が何人か転倒したため、シリーズチャンピオンの行方が混戦模様となった波乱のレースになったようだ。
P1090489.jpg

次は本命のmoto 2クラス。

一週目はポールポジションからそのままトップを走るMarc VDS Racing TeamのMika Kallio。
P1090499.jpg

moto 2ではmoto 3ほどの混雑は見られなかったが、
P1090502.jpg 
速攻で転倒者が。
P1090503.jpg
 
他の場所でも多数の転倒者がいたようで、赤旗でレースが中断してしまった。
P1090507.jpg 
その中の一人が、今回応援しているMarc VDS Racing TeamのMika Kallioのチームメイトで、年間ランキング2位のScott Reddingだった。

彼は先週のレースで左手首を骨折したので、プレートを入れて今回のレースに出場しているというのだが大丈夫だろうか?

メディカルセンターに救急車で運ばれてきたのでとても心配したが、自分の足で歩いていたので、元から痛めていた左手以外、それほどひどいようではなさそうでひとまず安心。
P1090510.jpg 
彼は再スタートを切ることはできなかったが、Mika Kallioは2度目もスタートダッシュを見せて、トップで目の前を駆け抜ける。
P1090517.jpg

昨日の予選に引き続き、今日も調子がいいようで期待ができる。
P1090519.jpg

レース中、突然ドクターヘリが出動。

Scotto Reddingの調子がよほど悪かったのか?それとも別の転倒者が乗っているのか?
P1090542.jpg

日本人ライダーの中で特に期待されている中上選手は昨日の予選に引き続き、かなり苦労している様子。

もてぎ用に用意されたのだろう、日の丸のスペシャルカラーのマシンで着実に順位を上げていた。
P1090547.jpg

Mika Kallio選手は頑張ったものの、最終的な順位は2位。

優勝したのはポイントリーダーのPol Espargaro。

ランキング2位だったScotto Reddingがノーポイントに終わったことから、この時点でPol Espargaroのmoto 2クラスの年間シリーズチャンピオンが決定したようだ。

すると、どこからともなくやってきたPol Espargaroのチームスタッフが、警備員の制止を振り切ってコース内になだれ込み、チャンピオンフラッグなど、お祝いの準備に入った。
P1090549.jpg 
そこへ、先ほどチャンピオンが決まったばかりのPol Espargaroがやってきて、嬉しさのあまり大はしゃぎ。
P1090552.jpg

Pol Espargaroのお兄さんのAleix Espargaroもやってきて、No1のチャンピオンTシャツを弟に着せていた。
P1090563.jpg

最後にはチャンピオンフラッグを落とさないようにか背中に差し込まれ、やっとウイニングランへと旅立った。
P1090568.jpg 
時間がたつにつれて風が強くなってきたように感じるもてぎサーキットでは、最後にmoto GPクラスが行われ、ポイントリーダーのマルケスが2位に終わったため、シリーズチャンピオンの行方は最終戦へ持ち越しとなった。
P1090572.jpg

今回も沢山のライダーの出待ちをしたので、帰るころにはすっかりと夕暮れ。
P1090583.jpg 
帰り道はいつも通りの渋滞ではあったが、今回は前回の失敗を教訓に水戸北にはいかずに、水戸インターを目指した。
P1090584.jpg 
もてぎサーキットの最寄りのセブンイレブンでは、この時期は書き入れ時なのだろうか、店前で炭火で焼き鳥を焼いていたので、その匂いと煙に散られて夜ごはん代わりに頂いた。
P1090585.jpg 
高速からキラキラするものが沢山見えるなと思ったら、すべて消防車だった。

どうやら火事のようだが、煙だけではなく、まだ火の手も見えるくらい消火活動の真っ最中

霧や焼き鳥、最後は火事と何かと「煙」に縁のある一日だった。
P1090588.jpg

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/1856-8a31a650