MotoGP 日本グランプリ 2015 in もてぎ  

今年もやってきたMotoGPだが、今日はあいにくの雨

ゲストパスを受け取るインフォメーションセンターが8時前にならないと開かないので、しばらくここで足止め
P1200934.jpg

雨だからか朝が早いからなのか、スタンドにお客さんはまだほとんどいない
P1200938.jpg

いつも招待してくれるKさんが所属するチームは、昨年と同じものの、スポンサーの関係で少し名前が変わって、
エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS(Erella Galicia 0,0 Marc VDS)で、
担当するマシンのライダーはアレックス・マルケス選手(Alex Marquez)のほうだ。

雨なのでピット内の観戦スペースを利用させていただくことに・・・。
P1200935.jpg

霧でドクターヘリが飛べないからと、朝の練習走行が遅延中。
ドクターヘリが飛べないとバイクが走れないというレギュレーションなのだそうです。

カメラマンはうたた寝しているピットクルーや、オタ芸のように旗を振るトレーニングをするオフィシャルを撮ったりして暇つぶしをしているようだ。
P1200940.jpg
みよ、この背筋の強さ!!(笑)
ニホンのヲタク もとい オフィシャルをナメルナヨ!!
世界に向けてこの素晴らしいテクニックを発信♪

今回アレックス選手のチームメイトであり、昨年のMoto2クラスのワールドチャンピオンのティト・ラバット選手(Tito Rabat)は、1週間ほど前のトレーニング中に転倒して左手を骨折してしまい、レースを欠場するとのこと。
P1200941.jpg
来年はMotoGPクラスに参戦することが決まっているので、Moto2での勇姿を見るのも最後だと思っていたけれど、調子が悪いなら治療に専念ですね。


Alex選手は、まだ雨が降る中、つなぎが濡れないようにレインコートを二人がかりでやっとの思いで着せてもらう。

でも、動きのほうを優先したのか、結局、二人がかりで脱がしてもらってから出走していった。
P1200943.jpg

レース前に頂いた耳栓。

TVでは感じることが出来ない音と振動ももれなく感じていたいので、今回は使用しませ~ん。
20151011105553587.jpg


ピット内の観戦では雨に濡れないだけではない。
コースわきで見ていると分からないリアルタイム情報の宝庫♪
P1200946.jpg
順位やタイム、トップスピードに最高速の順位も表示されている。

別のモニターでは区間タイムも表示されている。
P1200947.jpg

自分のチームのライダーがモニターに映し出されるとコケやしないかとハラハラしてしまう。
P1200944.jpg

作戦会議?

スペイン語と英語が入り混じって、あらためて海外チームのピットなのねと実感。
20151011142058286.jpg

レース中の臨場感はハンパないものがある。
1台抜かす度に湧き上がる歓声と拍手。
20151011105641233.jpg
そして残念だったときの空気。

レース後の反省会。
P1200954.jpg
昨年はMoto3でトップをとったとはいえ、ステップアップしたMoto2ではそうそう思い通りにいかないのだろう。
若干19歳とはいえ、世界で戦うライダー。
プレッシャーも焦りも相当なものがあると思うが、頑張って乗り越えて欲しい。
来年には沢山の拍手を受けて欲しいな。

~~~そういえば~~~~

表に出してある整備用のスプレー缶や水のラベルだけがすべて見えなくされていることが妙に気になった。

やはり、TVに露出することがかかわっているのだろうか?
P1200949.jpg
様々なことに気を遣わなければならないのですな・・・。


MotoGPの時間になると、今年もやってきたチュートリアルの福田さん。

ちょうどピット前で解説の仕事をしていた。
P1200953.jpg

いつの間にかスタンドにはお客さんがいっぱい。

微妙な天候だったので、路面が乾いた時用にドライタイヤをはかせた乗り換えようのマシンがピット前にズラッと並べて準備されている。

このチームはMoto2クラスなのに今回は10番ピットなので位置的にはかなり前のほう

なので、ピット前をヤマハワークスチームのロレンソなど、続々とMotoGPマシンが通り過ぎていく。
P1200958.jpg

ロッシ選手も
P1200963.jpg

お隣はドカティワークスだったので、間近で見学
P1200960.jpg

レースがスタートするまではピット前で観戦して、以前、シャッターを開けっ放しにしていると運営に注意されたので、その後はまた中に戻ってTV観戦。

しばらくすると、欠場中のラバト選手がTVを見にピットに入ってきたので一緒に観戦。

かなり熱心に見ていたようで、「来年の今頃はオレもこいつらと・・・」なんて思いながら見ていたのだろうか?
P1200964.jpg
いや、きっとWinner's interviewはどう答えようか?考えているに違いない。

Kちゃん、毎年ありがとう! 今度は牧場で会おう!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2617-311d1ae4