JQHA Classic 2015 大会2日目  

今日は三女のプレジャーから

なぜCK-chanが乗るとイライラするのに、3女が乗ると普通に動く? 腹の立つ・・・


今朝は富士山が噴火してまっ黒な空から火山弾が降り注ぐ中を車で逃げ惑うという悪夢で目覚めたので、青空の中にそびえたつ富士山をみて一安心。
P1210047.jpg


次は今大会のメインイベントでワールドカップ選考会であるAQHAレイニング・ユース

北は北海道から、南は福岡まで、そして上は中3から下は小5までの精鋭たちが集まった。

Kちゃん SR SHOWHORSE STABLE

最年少で九州から参加。 プレッシャーを感じない大物振りが恐ろしい。 プロの父親がトレーニングした馬を100%信用しているのが見て伺える。


Hくん RANCH SUN WEST

次女と同じ中学3年、北海道からの参加。スッゲー馬とライダーが参戦するという噂を聞いていただけに、そのパフォーマンスに興味がわく。

そして、別の意味で心配になる・・・ いいのか? 受験生! 


I ちゃん ST Horse Training

地元、静岡からの参加。前回に比べて格段に美しく乗れるようになっていて驚かされた。

この勢いで成長されたら恐ろしい。


Kちゃん KAZ Horse Training

岐阜より参加。馬が荒れてもステキな笑顔で乗りこなせるスーパー女子。

馬に乗る楽しさを全身で表す様をみて、「あぁ、本来馬に乗るってこういうことを言うんだったな・・・」とピュアなころの自分を振り返らされた。


Rちゃん West Wind Ranch
無題
地元静岡から参加。 ブレない、クールで落ち着いた演技が出来るパフォーマー。 

この1年でぐんと成長したのがよくわかる。
将来楽しみ。


そしてL Fazenda CK

千葉からの参加。 棚ボタを狙う姑息なライダー。(笑)

そして本番。

北海道のH君は隙の無い演技で他の追従を許さず文句なし堂々の一位。


対して次女は
「パターンオフ(経路ミス)だけは絶対にするなよ!それがライダーとしての馬に対する最低限のマナーだからね!!」
と散々言っていたのに・・・
何十回と無くパターンを頭の中に描いてイメトレをしていただろうに・・・

一番最初のスピン、本当は4回なのに5回も回ってしまった。

明らかにパターンオフ。

次女にとって、初めての5スピンでまさかのスコア ゼロ
P1210053.jpg
よりによって一番やらかしてはいけない時に、一番やらかしてはいけないことをやってしまった。
信じられない。なんてことだ!
この一瞬で今までの努力の全てが消え去ってしまった。

カローラはカローラのまま、スピンしてコースアウトしてしまった。

棚からボタ餅は落ちてこず、自分が落ちてしまった。

何で出走のときに5スピンには気をつけろと言わなかったんだ!あー・・・いまさら。 時間は戻らない。


自分がショックすぎて次女に声をかけられない。やはり私はチキン野郎だ。
ダメだったときを想定して準備していた言葉は、「フェラーリに負けたとき」のための言葉だけで、「自滅したとき」のための言葉は用意していなかった。
きっと今くちを開いたら彼女を傷つけるだろう。

ほどなくして、CK-iより、
「今回の結果は最下位ではあったものの、前回の選考会で優勝した際に0.5ポイント取っていたので、今回2位で0.5ポイントゲットしたRちゃんと、総合得点でタイとなり、タイブレーク方式としてもう一度何らかの方法で選考しなおすこととなった。」ときいた。



選考方法はジャッジの独断で「ショーマンシップ」と「ホースマンシップのレイルワーク」の2競技と決まったが、ショーマンシップは名前は聞いたことはあっても何をどうすればいいのかがよく分からない。

とりあえず、知り合いにショーマンシップに使われる、チェーン付きのショー用ホルターを借りて、簡単なレクチャーも受ける。

こういう時に知識を持っていて、心置きなく伝えてくれる人が周りにいたという幸運とその人の人となりに感謝。

ショーマンシップのことはよく分からないだろうということで、ジャッジの気遣いにより、
P1210055.jpg

そもそもショーマンシップは、どういったことをすればいいのか?どのようなことに気を付けなければならないのか?
などを、競技前クリニックを実施してくれた。

今日のために「馬を審査する」レイニングという競技に絞って馬のトレーニングを中心に練習に励んできていたが・・・
まさか、この期に及んで人間の姿勢や乗り方など、「人を審査する」競技をすることになるとは思わなかったので、基本に立ち返り、特に普段はおろそかになってしまっている自分の手足の位置や姿勢を意識しながらのライディング。

お互いの馬の位置も意識しながら、ジャッジの指示した動きを忠実に披露する。


一方、ショーマンシップでは自分の立ち位置や手の位置、足の方向や足先がそろっているか、ジャッジとのアイコンタクトなど、参加者に求められることがたくさんある。

レイニングの時のような失敗はもう許されない。

ジャッジから教えてもらったことを忠実に守りながら、今度はコースを無事完走。

付け焼刃ではあったがそれは皆同じ。


競技終了後、しばらくしてユースワールドカップ出場の選抜者の名前が読み上げられた。


自分の名前が呼ばれたときに思わずDONちゃんに抱きつき号泣した次女。

先ほど、取り返しのつかない失敗をした後も、比較的シレッとしていた彼女だったのだが、実は相当なプレッシャーを感じていたのだろう。

考えてみたら、まだ中学生だ。よくあの失敗で心乱されること無く乗り切ったなと改めて関心。

娘の泣き顔を見て、ついつられて目がウルウルとしてしまった私は、別の意味で声をかけられなくなってしまった。


ジャッジからは「あなたはショーマンシップ競技を始めるべきよ」と。

そして、この後はイスラエルに飛んで、イスラエルのユースの選考会をすることや、その詳しい選考方法など、世界情勢を沢山聞かせてもらい、オーストラリアに行ったときの心構えまで教えてもらった。
P1210068.jpg
名物のハンバーガーは食べることをお勧めするわ。とのこと(笑)


閉会式で記念撮影をしなきゃ!って焦っていたけれど、そういえば、ちゃんと開会式で集合写真とってたんだ。
P1210077.jpg
どうりで皆、怪訝なカオをしたわけだ。


紆余曲折の末に世界大会への切符をGetしたものの、いまだに実感がいまいち湧かず、とりあえず疲れたDONちゃんをマッサージする。

この先、一体どうなるんだろう?

珍道中はまだまだ続きそうなので、乞うご期待。

留守を預かってくれているRomiさん、Gさんはじめ、JQHAの理事の方々、困ったときに手を差し伸べてくれた方々、沢山の良心と親切に支えられココまでくることが出来ました。
あらためて、この場を借りて、御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!


スポンサーサイト

Comments

Yu-koさん

ありがとうございます。

沢山のことに魅せられた競技会でしたね。
まだまだ未熟だと思っていましたが(実際に未熟ですが)、今回の大会のおかげで、「人として」大きく成長したように感じました。そして、それがスポーツの本来あるべき姿なんだろうな・・・と。

よく夫が娘に「真剣に取り組んでいない人間がいくら良い成績を収めたところで、そこに感動は生まれないんだ」と熱く語っているのですが、今回は二人とも間違いなく、真剣に取り組んだ結果でしたね。

また、ご両親がRちゃんに過度なプレッシャーをかけないように気遣う様子や、最後は子供に任せる様子をみて、お互いリスペクトしているから成せることなんだろうなと感心させられました。

「日の丸を背負う」ということがどういう価値のある物なのか、その影でどれだけの人の犠牲と良心が支えてくれているのか、先ずはBlogやFBで皆さんから頂いたお祝いや応援の言葉をひとつずつ読むことからはじめて、運営者側がどのような努力をしてこのチャンスを手に入れたのか、これからどのように物事を運んでいこうとしているのか?全てのことを出来るだけInputして、アンテナを張り巡らせ、少しずつで良いので彼女が肌身で感じて自覚出来るようになればと思っています。

Japan youth がワールドカップへ出場。次にバトンをつなげることが出来るよう、私も最大限の努力をします。

お互いに良いものを作り上げていきましょう!

Re: Rose母さん

ありがとうございます!
お会いする機会が少なくなってしまい寂しいです。i-241

子供たちのライドはいつみてもピュアでいいですよ。(笑)

おめでとう!

お疲れさまでした。そして日本代表おめでとうございます!
こんなドラマになるなんて…本当に感動しました。
2位決定戦のお題を出されてからの数時間、二人の取り組む姿、小さい体でどれだけのプレッシャーだったかと思うと、もうあの時から私は涙があふれていました。

決定した瞬間の二人の表情、ジャッジのやさしさすべてに感動でした。

選ぶべきは選手(人間)。だから人間が審査対象であるショーマンシップとホースマンシップだったのでしょうね。公正に考えてくださったジャッジに感銘。そして選手を見比べたら親の目から見てもLちゃんのほうが勝ってた。

代表選手二名は当然だったと思います(*^^*)
世界の競技会の経験は、絶対に素晴らしい財産になるはずです。何かあっても今回の決定戦のように適応できるはずです!みんなの思いも一緒に連れて行ってたくさん収穫して来てくださいね♪

うちの娘は次回に向けてスタートです。なにより次回、そのまた次にも続けられるよう、大人は整備していかないといけませんね。

スポーツとして発展できるように、私も自分の仕事を全うします!

長々とすみませんでした(^^)/

おめでとうございます!
すごいな。すごいな!
ドンちゃんもお疲れさま!
  • [2015/10/20 06:28]
  • URL |
  • ローズ母(トレジャー母)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2624-dc6d0af8