土間コンクリート施工 

1日1500円だというので、早速レンタルしようと思っていたコンクリートシューター

最低保証額は4500円だそうな

つまり、1日借りても3日借りても同じく額

まあ、それてもいいかと思って借りようとすると、近くの営業所には現物はないので、近隣の営業所から配送してもらはなければならないという

その配送料というのが片道8000円

使い終わった後に元の営業所に送り返すのにも配送料がかかるという

つまり、一体いくらになるのだ?

ということで、生コン業者が営業する店舗に置いてあったコンクリートシューターを13000円ほどで買ってきた

レンタル屋の送料以下の金額だ

生コンを敷くにあたり、メッシュの下にたまった落ち葉やチップを何とかしたい

初めに取り出したるは扇風機

多少は吹き飛ばせるも、ちとパワー不足

2番手はコンプレッサー

かなり飛ばせるが端にたまったものは手で取り除かなければならない

最後は掃除機

時間もないので多少の石ごとゴミを吸い込む

そして登場したるはミキサー車

見慣れぬ姿に興奮し出す馬たち

コンクリートシューターをセットしていざ

生コンが流れ出てくるとドボドボ

コンクリートシューターの傾斜が足りなかったのか少し逆流してしまった

高さを補正して再度

流れてくる生コンをスコップとトンボで広けていくのだが、これかまた重労働

コンクリートシューターの位置を手前にずらしながら、3人がかりでヒイヒイ言いながら生コンを敷き伸ばす

生コンを流し終えたらタンパーで空気を抜きながらならしていく

次はスクリードで表面をなめらかに整える

歩くと足跡がボッコリ出来るので、奥から手前に足跡を消しながら進めないといけない

これからどうすればいいのかわからず、しばらく検索

仕上げに入るにはコンクリートの上に乗れるくらいにならないといけないらしいのだが、今の状態では足首までズッポリと沈み込むのでしばらく放置

暗くなった頃にようやく固くなってきたので、車2台でライトアップしながら作業再開

足跡がつきにくいようにクッションスリッパを履いて

金ゴテを使ってスクリードでできたスジを消しながらなめらかに仕上げていく

最後は外に出てから足跡を消して終了

ノラ猫が入らなければ、明日にはキレイに固まっているはず

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2693-5dad099f