新しい病院 

 近所でパラボウイルス感染により猫が相次いで亡くなってしまったという悲報により、ネコ助に予防接種を打つことにしました。

今まで通っていた動物病院のお気に入りの先生が退職して遠くへ行ってしまわれたので、仕方なく新しい病院を探すことにしました。

そういえば1年ほど前にお向かいさんに教えていただいた動物病院があったなぁ~~~ということで、そこに行くことにしました。


ネコ助、肛門に体温計を入れられ必死に逃げます。(笑)

この病院ではワクチンは首元にせず足に打つそうです。

その理由は、このワクチンには何万件かに1件、腫瘍ができるという副作用があるそうで、もし首元にワクチンを打って腫瘍ができるという副作用がでたら致命的だから足に打つそうです。そうしたら、万が一の場合でも、足の切断で済む。

納得です。



そして、ネコ助には遺伝的な病気があることも解りました。エーラスダンロス症候群といって皮膚が薄く、延びやすいそうです。

こんな具合に。
だからといって、いまのところ何か大きな問題があるわけではなさそうなので、良しとしましょう。

ついでにJacksonくんも体に出来たコリコリにハリを刺して組織検査をしました。


初めは無愛想なDr.だなぁ。と思ったけれど、いざ診察室に入ると、今後の治療方針など、患者に対する説明責任をしっかりと果たしてくれて、見栄も張らないし(自分に出来ないことはそれが出来る医者を紹介する)、こちらの意見を考慮した上でベストな解決策を提案してくれる。満足度120%です。

良い獣医さんに会えるというのは言葉を持たない動物がいるファミリーにはとても大切なことですね♪





スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2773-ea5534de