馬場柵 

ユニバーサルジョイントの保護カバーなどを直したときの部品の請求書を見てびっくり!

バイクのときもそうだったが、トラクターも例外なく、型が古くなっても部品供給される代わりに、毎年生産ロットが落ちていくので部品単価がだんだん上がっていくようだ。
トラクター76
この黄色いプラスティックのカバー上下二つで約2万4千円だって。
こんなものが・・・と思うが、これがないともっと高いユニバーサルジョイントを壊してしまうかと思えば仕方ない。

天気予報で今日は雨とのことだったが、ほとんど降らなかったのでまた少し進めた。
柵49


家では、前々から乾燥機を使うとどこからともなく水が漏れていた。
ドレンが詰まっているのだろうと分解していくと、本体を斜めにしたとたんボトボトと水が流れ落ちてくる。
洗濯機
何とか前面のカバーを外したが、水漏れのする左下は鉄板に囲まれていてどうすることも出来ない。
仕方ないので、裏側からアプローチしなおすことに。
洗濯機1
裏のカバーを開けると、目的のドレーンのタンクが見えたが、コレがどうしても外れない。
洗濯機2
で、よく見ると、この丸い穴の奥にネジで止められているのが見えた。
ネジあるところまでその長さおよそ40㎝。そんなに長い工具は持っていないし、当然手も入らない。
洗濯機3
仕方ないのでホームセンターで買って来た。
洗濯機4
思っていた通り、ドレンの出口がホコリなどで詰まっていたのできれいにして元通り組み立てなおした。
うちには昔からずっと犬がいるので、洗濯物に付いた犬毛もつまりに拍車をかけていたようだ。

そんなこんなで乾燥機は何とか直すことが出来たが、この乾燥機、94年制の15年選手だ。
牧場に住処が出来れば、牧場用にお下がりさせて持って行くつもりなのだが、そればではまだまだ現役で頑張ってもらわないといけない。

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/278-22161fae