恐るべしネコ族 

地面に落としてしまったカレイの縁側を貰えると聞きつけたネコ助

タダで貰えると思ったら大まちがい。

実はネコ助は人前であまり木に登りません。

気がついたら木の上にいた的な…

ということで、木に登ってもらいましょうか❗念のため2ヶ所に分けて縁側を置きました。

まず1ヶ所目



余裕だニャン♪

2ヶ所目

ちょっ…ちょっと     めんどくさいニャン


おい、そこの人間、オレ様を抱っこしてあそこに乗せるニャン

お断りします。

写真とってる場合じゃないニャン。おねがいしますニャン♪
うぅっ… 

猫なで声出しても……ダー…メー…

チッ!役立たずニャン( -.-)

とでも言いたげにシブシブ自分で登りました。

人間がネコを飼っている

のではなく…もしかして…

実は人間がおネコ様のお世話をさせられている?!

と確信した瞬間でした。

恐るべしネコ族

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2797-cf96da8a