馬修行の旅@福岡 

次女が岐阜の次に向かった先は、九州の福岡県にあるSR SHOWHORSE STABLE

オーナー夫妻のご好意で1週間ほどお世話になりました。

オーナーが自ら設計したという厩舎は、その多くがオーナーの手作りだそうです。
いいなぁ~ コンクリート敷きの厩舎、屋根もシッカリとついていて風通しよさそう。
規模が大きいなぁ!

クラブハウスもウエスタンスタイルの乗馬クラブらしいアメリカンな建物。

次女の経験のためにと、普段はレンタルホースとして貸出したりはしていないであろう、優秀なレイニングホースにも乗せてもらったそうです。

その中にはSRのお客さんの馬もいたそうで、ユースワールドカップに日本代表としてオーストラリアに行く次女のためになればと快く馬を貸してくださったそうです。

皆様の親切に支えられていると実感しますね。

指導もガッツりとしていただき、さすがにお見せすることは出来ませんが、「おシリが4っつに割れて、痛くて座れない・・・」との事でした。
おぉ・・・・まさしく血のにじむような練習を・・・(笑)

どうやら凄く沢山のことを教えていただいたようで、引き出しの数は飛躍的に増えたようです。今度は私たち大人が彼女の知識を吸収する番かもしれませんね。


SRの皆様、お忙しいなか、娘のために時間を割いてくださり、沢山の経験と暖かいおもてなしをありがとうございました。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今回の馬旅では岐阜でも福岡でも、一回も娘からのコンタクトは無し。

少しくらい泣き言を言うかな?と、心構えはしていたのですが・・・

親としては少々寂しいですが、それだけ充実した楽しい時間を過ごさせていただいたということですね。

米国から帰国後、ほとんど休むことなく馬旅に出発し、1人で岐阜~九州を回り、本人にとってもかなりハードだったと思いますが、それも大切な経験と勉強です。
そして、そういう経験や勉強が出来るのも、ユースの選手をシッカリとサポートしてくださる皆様がいて初めてなせることです。

彼女にとって、ワールドカップへの旅は壮行会からスタートしています。
今回の旅で、皆さんの温かさに触れ、ホースマンとしてだけではなく、人としてずいぶんと成長したことと思います。

皆様には改めて感謝と、そして、これからも温かく見守り、育てていただけたら幸いです。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2798-6d652a34