エバーグリーンカップ 2016春  

最近 我が家の恒例行事に組み込まれつつあるイベントに行ってまいりました。

今回は子供達だけで馬をトレーラに乗せます。

少しずつ成長していますね。


置いてきぼりのヨシムネ、気が狂ったように走り回ります。

「オレを置いていかないでくれ~~!!」

実は寂しがりやさんの小心者。そこがまた可愛いのですが^^

人間がいてもこの状態というのは何とかしなければならないですね。無理かなぁ・・・・


現地に着いたらこんなに可愛い子達のお出迎えです。

可愛すぎる!ネコ助にもこんな時期があった・・・・っけ???あれ?


楽しいお祭りには犬だって参加します。

こちらのライダーは・・・・

やけに可愛らしいロデオですね(笑)


エバーグリーンカカップは他のブリティッシュのクラブからの参加もあるようですね。
思わぬ方とバッタリお会いしました。

お隣の場房に入っていたブリティッシュの馬です。

こんなに可愛いデコレーションをしてもらって、素敵だな♪


最初の競技はトレイルで、長女が挑戦します。

凄く細かいスラロームに苦戦しますが、まぁ、予想していたよりは上手に乗り切りました。


3女は苦手なライナスでストックシートメダルにチャレンジ。

片手で馬を操りたいようですが、とても実力が伴いません。

今回は当然両手で手綱を持ちます。


グランプリホースのデモンストレーションも見せていただきました。

筋肉ムキムキでグワシッ!グワシッ!と動く様は、本当に見事!

日馬連の元会長さんの解説付でしたので、とてもわかりやすかったです。


次女はレイニング。

257.jpg 

ココの競技会ではいつもジャッジに被害を及ぼします。

今回もあわやジャッジ席に突っ込みそうに・・・個人的にうらみでもあるのかもしれませんよwww。


さて、宴も酣、本日最後の競技です。

スタッフによるジムカーナ。

もちろん、走るのは人間です!

行く先には様々な障害が待ち受けております。

各馬、ゲートイン完了。

いっせいにスタートを切りました!!!

凄い真剣勝負です!


この後、ハードルを超え、仮装し、網をくぐり、砂に隠されたボールを探し出し、グルグルバットの末、やっとゴールです。

転倒者続出の中、見事ブービー賞に輝いた、白鳥の首を股間につけたピチピチシャツのお兄さん(本人の了解を得ています)とウエスタン代表の怪しげな仮面のおじさんと共に記念撮影です。

私の記憶の中に、彼は「スワンくん」としてインプットされてしまった…。

勇気ある若者に惜しみない拍手を贈ろう! 

期せずして、エバーグリーンの底力を覗かせていただいた一日でした。

なかなかやるな・・・・エバーグリーン。


帰りついたら ひとりぼっちだったヨシムネのいの一番の文句を聞いて、一息。

さぁ、今週もガンバるぞっ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2834-035af72d