いざ! 世界へ! 3 

昨日、娘に救いの手を差し伸べてくれたのは、イスラエルのコーチ(HPのTeamにお写真が載っています)とオーストラリアの主催側の馬と厩舎の責任者トリシュさん(OGでは有名なクリニシャン&トレーナー)だそうです。
さすがは世界大会。というか、困っている人がいたら、自国のメンバーじゃなくても助けようという、その姿勢が本当に感動的です。

さて、当事者本人は緊張とプレッシャーで少々パニックのご様子。

当然といえば当然か。いってもまだ16歳。いや、もう16歳か・・・
オリンピックの選手のメンタルって相当凄いんだろうな。と改めて実感しています。

毎日レポートを書いてFaceBookに掲載したいのですが、Wifi事情が非常に悪く、Upしている最中にErrorになってしまうそうで、なかなか情報が上がってきません。

本日はどうやらニュースの取材が入ったらしく、なんとかインタビューには答えられたようです。

初めて日本が参加するということで取材対象になったのかな?

明日こそ本当の本番。

馬が思い通りに動かなかったり、緊張でガチガチなのがLineを通して伝わっているだけに、心配で仕方ないです。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2883-cbed58b7