いざ! 世界へ! (番外編) 

昨夜、不安のあまり涙ながらに電話をしてきたLuca.

言われたとおりに動けない。もう、何をどうしていいのか、考えても答えが出ない・・。本番で馬が動かなかったらどうしよう・・・などなど。
もう、どんな瞬間でも泣けてしまえるほどウロが来ていたようです。

ユースとはいえ、世界のプレッシャーは相当なものなのですね。
そうかんがえると、オリンピックの選手達のメンタルはどれほど強いのだろう?と想像してしまいます。

正直なところ、親として、こんなときに側にいてあげられないのが非常に心苦しいですね。

でもね、きっと私たちが現地にいたところで、彼女の場合は、甘える対象になってしまうばかりで、何一つプラスにはならないのではないかと思うのですよ。

どんな環境下でも、何とか1人で乗り越えていく術を身に着ける。
今は(離れていても)アドバイスはしてあげられるけど、早かれ遅かれ、いずれはそういうことは出来なくなってしまうのですから。
それに、このプレッシャーを体感して乗り越えることにより、今後の彼女の人生が素晴らしく価値のある物になる気がするんです。その芽を親が摘んでしまったらいけないな。などと・・・。おこがましいかもしれませんが、そう思った次第です。

こういう考え方が出来るようになったのも、不安MAXのLucaに対してアドバイスできるようになったのも、よくよく考えたら日頃の上司の指導のおかげだな・・・超厳しくて泣けてくるけど、まさかこういう時に役立つとは・・・(笑)改めて感謝します。

そして、朝食を作りながら、ふと思ったのですが、馬の競技って結婚生活に似てるなと。
たとえば、スケートや水泳やマラソンなどの個人競技だと、自分の努力に必ず結果がついてきます。

しかし、馬に乗る競技はまったく違います。周りからどんなに的確なアドバイスを沢山もらって、どんなに練習で上手に乗れたとしても、アリーナに一歩入れば自分と馬だけの世界。
自分のいままでの努力が報われることのほうが稀で、むしろパートナーとの信頼関係に基づき、どれだけ協力しあってその瞬間を二人で創り上げていけるのかを試される世界なのです。
何か結婚生活に通じるものがありませんか?

と・・・朝から子供達に熱く語ったものの、さめたカオで「そうかぁ~?」と、ひとこと。

こどもたちよ、人生ってそんなもんなんだからねっ!
「カウガール」の画像検索結果
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2884-b01bff5f