いざ! 世界へ ! 5 

今日で2日目を終えたわけですが、日本と世界の差は大きい!

アメリカ強い! アメリカの発祥の競技だから?  オーストラリア強い!開催国だから? じゃ、ドイツは? なぜ強い?

元々ドイツは乗馬の国というイメージがありますし、ユースの選手が決まったら、アメリカに修行行脚に行かせるほどの力の入れようだそうです。他国も様々なバックアップ体制がととのっています。

実力が違うのは当然。 

その中で日本選手もコーチ,マネージャー  本当によく頑張っています。

大人たちは本当にてんてこ舞いだと思います。

何せ初めて参加する競技会で、初めて行く土地で、子供だけで放置してはならないなど様々な制約があるなか、たった2人で英語の通じない子供達を引率しないといけないのですから。

子供達は日の丸を背負うプレッシャーや、初めて会う馬との関係作りや、今まで出たこともない競技への参加というだけでいっぱいいっぱいでしょう。 

本日の競技はトレイルとレイニング

トレイルはペナルティーが幾つか有り痛恨。

レイニングは北馬くんの得意分野。 

シッカリと入賞を果たしました。

まさに手に汗握って観戦させてもらいました。

 残すところあと1日!

皆さん、余すことなく経験してきてくださいね!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2886-e28a4abb