Youth world cup 2016 番外編  

次女はオーストラリアから荷物いっぱいで帰ってきた。

その中にほかの参加国の人たちとの交流の証がいっぱい。

オーストラリア、カナダ、ノルウェー、イタリア、イスラエル、イギリス、ニュージーランド、アメリカ,ベルギーなど

歴戦の各国はこういったことも想定してか、いろんな物を記念品としてくれたそうな。

交換したもので多かったものは帽子や服だったが、渡せそうなもので日本とわかるようなものといえは、大会前に買ったキャップとポロシャツそれに加え、国旗の入ったユニフォームとジャンパーくらい。

現地は寒すぎてジャンパーだけは手放せなかったが、もらったものに対して、代わりに渡せるものが圧倒的に少ない。

2年後、またワールドカップに行けるどうかわからないが、その時にはしっかりとお返しとして記念になるチームJAPANグッズを持っていかねば。

このポロシャツは参加者に配られたものなのだが、これがまた粋なもの。

裏に参加者全員の名前が書かれている。

毎回作られているのだろうか、ほかの国の人たちはこのポロシャツにほかの参加者にサインを書いてもらっていたそうなのだが、そういう使い方をするとはつゆ知らず、集まりの時にシャツを持参するのを忘れてサインする側にどどまったそうな。

今回のは真っ白なまま持って帰ってきたユースワールドカップポロシャツだったが、これも2年後には真っ黒にしてリベンジしたいところだ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/2891-838d3d9d