脱走兵 

昼ごはんを食べていたら、駐車場から砕石の上を何かが通る物音が聞こえてきた。

誰かお客さんでも来たか?と思ってブラインドの隙間から覗いてみたが誰もいない。

「???」

確かに誰かが通ったはずなのにおかしいなぁと思った瞬間、思い出した。

馬場で作業をしていた時にゲートを締めた覚えがなかったことを・・・。

慌てて外に出ると、メインゲートのさらに外にドンちゃんがいた。

こちらを向いていたので、それ以上道路側にはいきそうになかったが、とても興奮している。

それもそのはず、3日ぶりのシャバだ。

エサを手にしつつ、なだめすかして何とか馬場に入れようとするが、興奮しきってあっちへドッカ~ン、こっちへドッカ~ンと爆走。
Don199.jpg
こっちへ向かってくるときは、「こっちへ来るな!」「向こうがよけるはず」と思いながらも、もしかしたら、の思いから逃げ惑う。

蹄の裏が痛くなるので普段はあまり砕石の方にはいかないのだが、それ以上にたまっていたのだろう。

スポンサーサイト



Comments

このあと、こっちに向かって全力疾走で向かってくるのだ。

↓に座布団一枚

写真撮る余裕があったんや(^_^;)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/710-a67719c2