第21回 八ヶ岳ホースショー 2日目 

2日目も次女からスタート。

初めてスピンのあるレイニングノービスクラスに挑戦。

スピンでのフリーズやリードミス、リードチェンジの遅れでペナルティーをつけられていたので、ペナルティーなくパターンを踏めるように乗ることが次の課題だ。


棚ボタとはいえ、昨日の初勝利を皮切りに、入賞を量産したいCK-chanだが、調整不足はどうしようもなく、納得できないライディングを余儀なくされる。
P1002536.jpg
だが、ライダーもいっぱいいっぱいなので、カラーコーンの左を通らなければならないところを右側に来てしまう体たらく。

それでも、10頭もの人馬が入り乱れるレイルワークをソツなくこなして、なんとか3位を確保。
P1002538.jpg
競技終了後に、ジャッジがライディングについてアドバイスをしてくれるところはとても今後の参考になった。


昼からは子供たちメインの、ブリティッシュとウエスタンの合同競技であるジムカーナ。
P1002540.jpg

既定の経路を誰よりも早くゴールしたものが勝者となるタイムレース。
P1002543.jpg

次女が誰よりも早く駆け抜け、コースアウトで失格となった前回の雪辱を果たし、初勝利を手にした。
P1002541.jpg
初めて手にした金メダルは宝物になることだろう。



最後はCK-iのレイニングアマチュア。

最後の競技にもなると、人馬ともにヘロヘロ、バテバテ。

とはいえ、ここまで来てやる前から白旗などあり得ないので、やれることをやりきるしかなかったのだが、スピンのフリーズとサークルでのブレイクゲイツでペナルティーをもらってしまった。

これからは、疲れがでる2日目の参加種目を絞った方が良い結果が残せそうだ。

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ckchan.blog90.fc2.com/tb.php/953-b3cf0f4e